Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

シチズン、ブランド初のトゥールビヨン機構搭載モデル「Y01」を限定2本で発表。大丸松坂屋百貨店300周年記念モデル

シチズン「Y01」

シチズン(Citizen)は、ブランドとして初となる複雑機構「トゥ―ルビヨン」を搭載した機械式腕時計「シチズン トゥールビヨン Y01」を発表しました。このモデルは限定2本という極少生産品ですが、今年、創業300周年を迎える大丸松坂屋百貨店を記念するモデルとして発表されたもの。2017年6月に発売する予定。

搭載されるムーブメントは、シチズン自社製の手巻きキャリバー「Caliber M001-Y01」(19石、21,600振動/時)、パワーリザーブは約100時間。トゥールビヨンキャリッジの素材にはチタンを採用し、精度の向上を図ったとのこと。

ケースサイズは42mm、ケース素材はK18ホワイトゴールド。裏ぶたも同素材で、サファイアクリスタルガラスによるシースルーバック仕様になっています。ブラックのクロコダイルストラップとの組み合わせ。

文字盤はホワイトカラーのエナメルダイアル。文字盤上には「Designed & Manufactured in Tokyo」の文字が誇らしげに配置されているように、「東京メイド」を主張したものになっています。

販売予定価格は1,000万円(税別)とのことで、素材や2本しか作られない限定モデルということを考えれば妥当なところところ。

ちなみに、今回「シチズン トゥールビヨン Y01」を見たとき、まず最初に思い浮かべたのは日本が誇る独立時計師、浅岡肇氏が2014年に発表したトゥールビヨン「Project T」。

もしかして浅岡氏が開発に関わっているんだろうかと思ったのですが、プレスリリースなどを当たってみてもそれらしい記述はなし。浅岡氏ご本人も下記のようなツイートをしているだけなので、関係ないのかもしれませんが、これ、同じ事を思った方も多かったんじゃないでしょうかね。

あわせて読みたい

関連記事

故ポール・ニューマン氏のロレックス デイトナ(Ref.6239)が約20億円で落札される

故ポール・ニューマン氏が生前、実際に所有していたロレックス デイトナ(Ref.6239)が、オークションハウス フィリップスが2017年10月にニューヨークで開催した腕時計オークションに出品され、1,500万ドル(買手手数料込み1,775万2,500ドル)という腕時計としては過去最高額で落札されました。

オリエントスターからブランド初となる機械式月齢時計「メカニカルムーンフェイズ」が登場

オリエント(現セイコーエプソン)は、同社の機械式腕時計ブランドである「オリエントスター」から、ブランド初の機械式月齢時計、「メカニカルムーンフェイズ(Mechanical Moon Phase)」コレクション、3モデルを発表。

セイコー プレサージュにカクテルをイメージしたカラーダイアルコレクションが登場

セイコーの基幹コレクションである「プレサージュ」に、カクテルからインスピレーションを得たカラーダイアルが美しい新コレクション、6カラー、全7モデルが登場。

故ポール・ニューマン氏が所有していたロレックス デイトナ(Ref.6239)がついにオークションに出品される

ハリウッド俳優であり、レーサーでもあったポール・ニューマン氏が生前所有し、実際に使用していた「ポール・ニューマンダイヤル」のロレックス デイトナ(Ref.6239)が、10月に開催されるオークションに出品されるとのこと。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. ニュース
  3. シチズン、ブランド初のトゥールビヨン機構搭載モデル「Y01」を限定2本で発表。大丸松坂屋百貨店300周年記念モデル