Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

高級腕時計に対する価値観

精度だけでいえば機械式腕時計は安価なクォーツ時計に劣るわけですし、ほとんどの人が携帯電話やスマートフォンを持ち、腕時計自体の存在価値自体が薄れていく現在において、数十万~数百万円、場合によっては億単位のお金が必要な高級機械式腕時計を買う意味があるのかと問われれば、「ただ単に時間を知る」という目的に関して言えばないでしょう。

ただし、これを言ってしまうと身もふたもありませんが、高級腕時計に価値を見いだすかどうかについては完全に個人の価値観の問題です。「1000円のクォーツ時計でも時間はわかるじゃないか」というのもその人の価値観ですし、それは否定されるべきものではありません。しかし同時に高級腕時計に価値を見いだす人の価値観もまた尊重されるべきです。

「たかが腕時計に数百万円も出す奴の考えがわからない」などとおっしゃる方がいますが、わからないことは恥ではありません。「自分には理解できない」ということだけ理解したらあとは黙っていればよいのです。

つまらない人間だと思われたくなければ、他人の価値観を無闇に否定するべきではありません。他人の価値観を尊重できてこそ大人です。これは腕時計に限らず世の中のすべてのことに共通することですが。

関連記事

セイコー 「リクラフト シリーズ」(海外モデル)を大人買い、ストラップを交換して遊んでみた

セイコーが、海外モデルとして展開している「リクラフト シリーズ」の中から、レトロデザインなクッションケースを採用した3モデルをまとめ買い、レザーの Nato ストラップを組み合わせて遊んでみたので紹介。

そんなに簡単にロレックスの偽物は判別できない - 精巧な偽物ロレックスに欺されないために必要なこと

著名な腕時計メディア「Hodinkee」の創業者で編集長でもあるベンジャミン・クリンパー氏が語る、ロレックスの偽物を簡単に見分ける方法という動画が話題になりましたが、偽物ロレックスの判別はそこで語られているほど簡単ではないという話

オリエントスター 「モダンスケルトン WZ0331DK」 のストラップをヒルシュ社製「クロコグレイン」ブルーに交換

以前購入してレビュー記事も書いた、オリエントスター 65周年記念限定モデル「モダンスケルトン WZ0331DK」(グレイッシュブルー)は、純正ストラップの装着感だけがどうしても気になるポイント。そこで今回、ヒルシュ社製ストラップ「クロコグレイン」ブルーモデルにストラップ交換。

機械式腕時計のブログを始めてちょうど1年が経ちました - 今年1年間を振り返り

2016年も残すところあとわずかになりました。年の瀬に、今年1年間を簡単に振り返る記事を書いてみたいと思います。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. コラム
  3. 高級腕時計に対する価値観