Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

正規輸入品と並行輸入品とは?腕時計の流通

海外ブランドの高級腕時計を購入する際に必ず聞く言葉として「正規輸入品」(あるいは「正規品」)と「並行輸入品」があります。また、なんとなく「並行輸入品は怪しい」ですとか、「危ないんじゃないか」という印象を持っている方もいるかもしれません。

そこでこの記事ではまず「正規輸入品」と「並行輸入品」の違いについてわかりやすく解説してみようと思います。

「正規輸入品」と「並行輸入品」の違い - 輸入腕時計の流通経路

まずわかりやすくするために下記に海外から輸入される海外ブランド腕時計の流通経路を示した図を掲載します。

図:輸入腕時計の流通経路

厳密にはもっと細かく経路が分かれている可能性はありますが、大まかにいうと一番上のメーカーから、一番下の消費者までの経路は上記のようになります。

このうち、図の左側半分が「正規輸入品」の流通経路、右側半分が「並行輸入品」の流通経路になります。「並行輸入品」は、正規品とまったく同じ商品ながら、正規品とは異なる別ルートで並行して輸入されることからこう呼ばれます。

正規輸入品とは

正規輸入品と呼ばれる腕時計は、海外の腕時計ブランド・メーカーと正式に輸入・販売代理店契約を結んだ正規代理店、あるいはその腕時計ブランド自身が現地法人を設立して運営する直営ブティックなどで販売される商品を指します。

正規代理店は、そのブランド・メーカーとマーケティング戦略や販売戦略を共有し、ブランド価値を守りながら国内での販売やアフターサービスを消費者に提供することが求められます。一方で優先的、あるいは独占的に商品の供給を受けられたり、最新の技術や情報をブランド・メーカー側から提供されることで、質の高い顧客対応やサービスを提供することが可能になります。

ブランド・メーカーの直営店であれば、国内でのブランド知名度の向上などを目的とした宣伝活動や、顧客へのリサーチ活動なども行いつつ、本社が求める経営戦略の実現、販売計画の達成などがその目的となるでしょう。

当然、ここで販売される商品は確実にメーカーの保証が受けられますし、販売店もそのブランドのプロフェッショナルとして、高いレベルの商品知識やメンテナンスなどのアフターサービスが期待できます。

並行輸入品とは

一方の並行輸入品とは、正規輸入品とは異なり、ブランド・メーカーと正式な輸入・販売代理店を結んでいない企業などが、別ルートで独自に入手した「本物」を輸入したものです。

並行輸入品 = 偽物(あるいはそこまで行かなくても後ろめたいもの)という印象を持っている方もいるかもしれませんが、少なくとも日本における腕時計の並行輸入自体に違法性はなく正当な輸入行為ですし、偽物は並行輸入品ではなく単なる偽物ですので、混同することのないようにしましょう。

正規品のメリット

メーカーと正式な契約を結んだ代理店やメーカー直営ブティックが販売するので、前述したとおり購入時に高いレベルの商品知識を持った店員さんからのサービスを受けることができますし、アフターサービスも万全です。また、全商品につく国際保証書とは別に、国内向けの保証書が別途発行されるのが通常で、その国内保証書には購入者の名前が記載されますし、保証期間も購入時からスタートします。

ただし、購入価格は基本的にメーカーが定めた定価になります。また、ブランド・メーカーが日本国内で販売すると定めた商品しか輸入されませんので、例えば「英国仕様」「ヨーロッパ限定仕様」といった、販売エリアが限定される商品について、日本で正規品として購入することはできません。

並行輸入品のメリット

最も大きなメリットは価格が正規品より安いということです。上の「正規品のメリット」で説明した通り、正規輸入品は定価販売が基本です。それに対して並行輸入品は定価販売の縛りがないことや、仕入れ時の為替レート、仕入れ価格、あるいは需要によって、正規品よりも安く販売できることがほとんどです。

また、並行輸入品は輸入ルートさえ持っていれば、特定の国でしか販売されない限定品を輸入して日本で購入できるようにすることもできます。

ただし、メーカー保証の期限は通常、並行輸入業者が海外の仕入れ先から購入した時点でスタートしているため、在庫の回転具合によっては購入時にはすでに保証期間が半分以上終わっていたなどということもあります。保証書も国際保証書のみで、正規品のような国内保証書はつきませんし、その保証書に購入者の名前が記載されることもありません(その不安に対応するため、販売店が独自に保証制度を提供している場合も多いです)。

一方で並行輸入品を取り扱う販売店は多くのブランドの腕時計を同時に扱っていることがほとんどで、そこで接客を担当する店員さんも、それら各ブランドや商品についての幅広く、深い知識を持っていることが多いため、複数のブランドや商品を比べながら購入したいという場合には並行輸入品を取りそろえる販売店の方が適している場合もあります。

もちろんこれは複数のブランドと正規代理店契約を結び、正規輸入品のみで複数ブランドを取りそろえる販売店も同じですが。

1点注意が必要なのは、メーカーによっては保証期間中であっても正規輸入品以外は修理や交換に応じてくれないという場合や、点検やオーバーホールを断られたりする場合があるということです。これを俗に「並行差別」と呼んだりしますが、これについては下記に詳しく解説します。

並行差別とは

俗に言う「並行差別」というのは、正規輸入品と並行輸入品で、メーカーの修理対応などに差が出ることです。つまりブランド・メーカーの窓口に依頼しても、正規輸入品でないと修理をしてもらえなかったり、してもらえたとしても正規輸入品より高い料金を取られたりすることを指します。

正規輸入品を国内流通させている正規代理店は、ブランド・メーカーとパートナーとして事業を進めているわけですし、そのブランドの知名度向上のために宣伝費を負担していたりする場合もあり、ブランド・メーカー側がそういった正規代理店を保護し、優遇することには一定の合理性があるため、一概に並行差別自体が「悪」ということではありません。

一方で日本の独占禁止法においては、自社が製造・販売した商品にもかかわらず、「並行輸入品だから」という理由のみで修理などを拒否することは、直ちに違法ではないものの状況によっては問題となる可能性もあり、現状では「正規輸入品以外は修理断り」というような極端なブランドはほとんどないと言って良いと思います。

あったとしても正規輸入品だとオーバーホールの料金を少し値引き(最大だと正規輸入品は半額など)しますよといった程度ですね。

私が知っている限りでは、スウォッチグループに属するブランド(オメガなど)やロレックスについてはそのような正規輸入品優遇はなく、並行輸入品であっても問題なく対応してもらえます。

ただし、非正規の部品を使った修理が過去に行われていたというような場合は修理対応を断られるケースもありますので、例えば中古品を購入する場合などは注意が必要です。

並行輸入品と偽物のリスク

並行輸入品とうたって偽物を売ろうとする輩は確かに存在しますので注意が必要ですが、前述したとおり偽物は並行輸入品ではなく、単なる偽物ですので、この2つを混同しないようにしてください。また、多くの販売実績がある並行輸入品販売店で偽物を買わされるリスクはほとんどないといって良いでしょう。

もちろん購入する販売店選びは重要ですが、実績のある販売店は信頼できる仕入れルートを持っていますし、受け入れ時のチェックなどにもきちんと気を遣っています。

というのも、そういう販売店にとっては信頼こそが命であって、万が一、偽物を販売したりすれば一瞬で信頼をなくますし、その噂が広まれば最悪の場合、販売店自体の存続まで危ぶまれるような状況に陥るリスクを負っているからです。

ですから、並行輸入品を購入する際は「信頼できる販売店から買うこと」、これだけを守れば問題はほとんど起こりません。では「その信頼できる販売店はどこ?」という件については別の記事で解説します。

並行輸入品でも価格が安くならない例外

有名なところではロレックスの「コスモグラフ デイトナ」が挙げられます。例えばコスモグラフ デイトナのステンレススティールモデル(Ref.116520)の国内定価は2016年4月現在で「1,242,000円(税込)」(参考サイト)ですが、並行輸入品の同モデルの販売価格は、概ね140万円~150万円程度となっていて、定価より20万円程度高額です。

コスモグラフ デイトナの正規品は、国内への供給が常に品薄状態で入荷数が極端に少なく、正規代理店を何軒も回ったり、正規代理店に数ヶ月、長い人だと数年通い詰めてやっと手に入れた、などということも珍しくないほど入手困難です。

結果として需要が供給を大きく上回り、待たずに買える並行輸入品の価格が定価を上回るという逆転現象が起こっているというわけです。

限定モデルではない通常ラインナップの商品でこのように並行輸入品が正規品の定価を上回るケースは珍しいですが、並行輸入品だから必ず正規輸入品よりも安く購入できるというわけではありません。

まとめ - 正規輸入品と並行輸入品のどちらを選ぶべきか

では正規輸入品と並行輸入品のどちらを購入するのがよいのでしょうか? 結論から言うとどちらも好みの問題ですので下記を参考にご自身に合った方を選択すれば良いと思います。

  • 正規輸入品の購入が向いている方

    • 高い買い物なのでとにかく安心して購入したい、価格より安心が大事
    • 保証書を日本語で発行して欲しい、保証書に自分の名前を記載して欲しい
    • メーカーの保証を確実に受けたい(ただし並行輸入品でも保証が受けられないということはほとんどない)
    • ブランドの顧客リストに載りたい、常連になって限定品の情報などを優先的に知りたい
    • 結納返しやお世話になった方へのプレゼントとして購入する場合など
  • 並行輸入品の購入が向いている方

    • とにかく安く購入したい
    • 国際保証書がきちんとついているなら保証書に自分の名前が載るといったことにはそれ程興味がない
    • 住んでいる場所などの問題で通信販売を利用したい
    • 国内正規品では購入できない海外仕様モデルや限定品を購入したい
    • そもそも日本に正規輸入代理店がないブランドの時計を購入したい
    • 購入する販売店を自分できちんとリサーチして選択することができる場合など

※ 輸入腕時計の流通経路図の参考文献: ウォッチコーディネーター検定公式テキスト P25

関連記事

そんなに簡単にロレックスの偽物は判別できない - 精巧な偽物ロレックスに欺されないために必要なこと

著名な腕時計メディア「Hodinkee」の創業者で編集長でもあるベンジャミン・クリンパー氏が語る、ロレックスの偽物を簡単に見分ける方法という動画が話題になりましたが、偽物ロレックスの判別はそこで語られているほど簡単ではないという話

機械式腕時計の適切なオーバーホール頻度はどの程度なのかを考える

機械式腕時計を趣味にしていると避けては通れないのが「オーバーホール」。そのオーバーホールはどの程度の頻度で行うのが良いのかについて、機械式腕時計の維持費という観点から考察。

キャッシュフローを重視した高級腕時計の購入 - 金利ゼロのショッピングローンを賢く利用するという選択

ショッピングローンを組むというと借金は嫌だなと思われる方もいるかもしれませんが、うまく利用することでキャッシュフロー的に有利な状態で高価な腕時計の購入が可能に。さらに金利・手数料ゼロのキャンペーンを活用してお得にメリットを享受できます。

人類の時計史とセイコーの歴史がわかる博物館、「セイコーミュージアム」に行ってきました

人類史における時計の進化の歴史、日本が誇る和時計など貴重な資料の展示に加え、セイコーの歴史を振り返ることができる資料や歴代製品など貴重な展示が行われているセイコーミュージアムに行ってきましたので紹介。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. 知識
  3. 正規輸入品と並行輸入品とは?腕時計の流通