Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

赤い腕時計をついつい買ってしまう

赤の G-Shock 3本

私自身が無類のサッカー好きであり、出身地の関係で埼玉の赤いJリーグクラブを長年応援している、所謂サポーターなわけですが、サッカーのサポーターあるあるに、自分が応援しているクラブのチームカラーのグッズがあると思わず買ってしまうっていうのがあるんですよね。

ご多分に漏れず私も何か購入するときにカラー展開に赤があると思わずそれを選んでしまう悲しい習性があるのですが、腕時計についても赤い腕時計をついつい買ってしまいます。

特にサッカーの試合を観に行ったり、スポーツをしたりする際に身につける腕時計については耐衝撃性や軽さ、汗や雨のことを考えてクォーツ時計、特に「G-Shock」が好きで使っているのですが、赤いG-Shockを見つけると買ってしまうので、そんなに本数いらないにもかかわらず何本もG-Shockがあるみたいな、よくわからない状態になっています。

写真の3本は特によく使うもので、下の写真で言うと、左から「G-8100-4JF」真ん中が「G-7900A-4JF」右が「GA-110AC-4AJF」になります。

赤の G-Shock 3本

ただ、赤ければよいというものではなくて、例えば「GA-110AC-4AJF」は個人的に赤がくすんでいてあまり好きじゃないんですよね。カタログで赤だと思って実物を見たら思ったよりオレンジっぽかったりみたいなことも多いです。この3本の中では「G-8100-4JF」の色が一番理想に近いんですけど、こればかりは人に理解してもらうのは難しいかもしれません。

関連記事

セイコー 「リクラフト シリーズ」(海外モデル)を大人買い、ストラップを交換して遊んでみた

セイコーが、海外モデルとして展開している「リクラフト シリーズ」の中から、レトロデザインなクッションケースを採用した3モデルをまとめ買い、レザーの Nato ストラップを組み合わせて遊んでみたので紹介。

そんなに簡単にロレックスの偽物は判別できない - 精巧な偽物ロレックスに欺されないために必要なこと

著名な腕時計メディア「Hodinkee」の創業者で編集長でもあるベンジャミン・クリンパー氏が語る、ロレックスの偽物を簡単に見分ける方法という動画が話題になりましたが、偽物ロレックスの判別はそこで語られているほど簡単ではないという話

オリエントスター 「モダンスケルトン WZ0331DK」 のストラップをヒルシュ社製「クロコグレイン」ブルーに交換

以前購入してレビュー記事も書いた、オリエントスター 65周年記念限定モデル「モダンスケルトン WZ0331DK」(グレイッシュブルー)は、純正ストラップの装着感だけがどうしても気になるポイント。そこで今回、ヒルシュ社製ストラップ「クロコグレイン」ブルーモデルにストラップ交換。

機械式腕時計のブログを始めてちょうど1年が経ちました - 今年1年間を振り返り

2016年も残すところあとわずかになりました。年の瀬に、今年1年間を簡単に振り返る記事を書いてみたいと思います。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. コラム
  3. 赤い腕時計をついつい買ってしまう