Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

デイト表示は合わせない主義

腕時計に興味を持ち始めた当初から個人的にデイト表示やデイデイト表示はあまり好きじゃなくて、特にデイト表示拡大用のレンズ(ロレックスでいうサイクロップレンズですね)がダサいという感覚があり、腕時計を購入する際にデイト表示、特に拡大用レンズが風防に装備されているものは避けていました。

とはいえ、気がつけば所有している腕時計の中にデイト表示付きのものもありますし、ダサいダサいと散々言っていたサイクロップレンズ付きのデイトジャストも今では所有していますから人間勝手なものなんですけども。

ただ、デイト表示付きの腕時計を所有して日常的に使っていても、デイト表示をその日の日付に合わせたことがありません。つまり偶然一致する日はあるかもしれませんが、基本的に私の腕時計はいつも日付がずれています。

デイト表示のずれがまったく気にならないのと、わざわざ合わせるのが面倒というだけで、それがこだわりといったことではないのですが、デイト表示あまり使わない割に合わせるの面倒だなという方は、あえて合わせずに使ってみると意外と楽ですよ。

関連記事

セイコー 「リクラフト シリーズ」(海外モデル)を大人買い、ストラップを交換して遊んでみた

セイコーが、海外モデルとして展開している「リクラフト シリーズ」の中から、レトロデザインなクッションケースを採用した3モデルをまとめ買い、レザーの Nato ストラップを組み合わせて遊んでみたので紹介。

そんなに簡単にロレックスの偽物は判別できない - 精巧な偽物ロレックスに欺されないために必要なこと

著名な腕時計メディア「Hodinkee」の創業者で編集長でもあるベンジャミン・クリンパー氏が語る、ロレックスの偽物を簡単に見分ける方法という動画が話題になりましたが、偽物ロレックスの判別はそこで語られているほど簡単ではないという話

オリエントスター 「モダンスケルトン WZ0331DK」 のストラップをヒルシュ社製「クロコグレイン」ブルーに交換

以前購入してレビュー記事も書いた、オリエントスター 65周年記念限定モデル「モダンスケルトン WZ0331DK」(グレイッシュブルー)は、純正ストラップの装着感だけがどうしても気になるポイント。そこで今回、ヒルシュ社製ストラップ「クロコグレイン」ブルーモデルにストラップ交換。

機械式腕時計のブログを始めてちょうど1年が経ちました - 今年1年間を振り返り

2016年も残すところあとわずかになりました。年の瀬に、今年1年間を簡単に振り返る記事を書いてみたいと思います。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. コラム
  3. デイト表示は合わせない主義