Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

Panerai - 「パネライ」という名の書籍

その名もずばり「Panerai)」と名前の付いた、オフィチーネ パネライ(Officine Panerai)の歴史をまとめた書籍。去年、2015年の9月に世界的に発売された洋書です。

とはいえ「パネライ」というタイトルのパネライ本、特に洋書にはかなりあるので紛らわしいんですけどね。この書籍はその中でも現時点で最も新しい「パネライ」という名の書籍だと思います。

パネライを熟知した5人、Angelo Bonati 氏(オフィチーネ パネライ CEO)、Paolo Galluzzi 氏(歴史家 / ガリレオ博物館館長)、Giampiero Negretti 氏(時計ジャーナリスト)、Simon de Burton 氏(時計ジャーナリスト)、Philippe Daverio 氏(歴史家)がそれぞれ寄稿し、その誕生から現在に至るまでの歴史、パネライのデザインや時計製造技術を掘り下げる、ファンなら必読の内容になっています。英語なのでちょっと読む人は選びますが、掲載されている写真だけでも非常に貴重なものが多数掲載されていますので、一見の価値ありです。

私は某大手書店さんで取り寄せてもらいましたが、Amazon でも買えるみたいですね。下にリンク張っておきます。

表紙はパネライ発祥となる時計店「Orologeria Svizzera」の店構え。下の写真は書籍本体ですが、書籍には「Panerai」のタイトル表記がある黒い外箱が付属します。大きさが35cm四方ほどある大型書籍。分厚いのでとにかく重いです。

Panerai - パネライ本

書籍のサイズが大きいおかげで、掲載されている写真もとにかく大きく、細部まで確認することができて最高。パネライの歴史を物語る、貴重な写真の数々が掲載されています。

Panerai - パネライ本

Panerai - パネライ本

Panerai - パネライ本

Panerai - パネライ本

最後に、去年の7月に書籍の発売が発表された際のパネライ公式動画を掲載しておきます。

関連記事

本気の機械式腕時計教科書「基礎時計読本(新装改訂増補版) Kindle版」

初版は1967年に刊行され、本気で機械式時計の構造、理論を学ぶ人には必読とも言える書籍「基礎時計読本(新装改訂増補版)」がKindle版として登場。2011年刊行の新装改訂増補版をベースに電子化。

赤瀬川原平氏の腕時計コラム集「赤瀬川原平のライカもいいけど時計がほしい」

前衛美術家、随筆家、作家としても活躍した赤瀬川原平氏が腕時計雑誌「パワーウオッチ」で10年にわたり連載していた同名コラムを書籍化したのがこの書籍。氏独自の視点で語られる腕時計への愛情が詰まった1冊。

「偽物」高級腕時計を見抜くための知識をまとめた書籍「Real & Fake Watches」

洋書「Real & Fake Watches」は偽物の高級腕時計にフォーカスを当てた書籍。豊富な写真などを使用して、本物と偽物の違い、見分け方などを解説してくれています。

ジャパン・メイド トゥールビヨン -超高級機械式腕時計に挑んだ日本のモノづくり-

日本初の独立時計師である浅岡肇氏を中心に国産トゥールビヨンを開発するプロジェクト「Project Tourbillon(プロジェクト トゥールビヨン)」の記録をまとめた書籍。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. 書籍
  3. Panerai - 「パネライ」という名の書籍