Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

パネライが 「Dive Into Time」をフィレンツェ マリノ・マリーニ美術館で開催。ルミノールの新作「Luminor due」シリーズを発表

オフィチーネ パネライ(Officine Panerai)は、イタリア、フィレンツェにあるマリノ・マリーニ美術館(The Marino Marini Museum)にて「Panerai - Dive Into Time」を5月18日~21日の予定で開催。

The History And Future of Panerai On Show In Florence」と題されたこの展示会は、歴史的なタイムピースからこのイベントで発表される最新作まで、パネライの過去から現在までを1000平方メートル(約300坪)の会場に展示します。

早速新作の発表がされたようで、パネライの公式Twitterにて公開されています。「Luminor due」と呼ばれる新ラインナップのようです。

Luminor due 3 Days Automatic Acciaio - 45mm PAM674

Luminor due 3 Days Acciaio - 42mm PAM676

Luminor due 3 Days Oro Rosso - 42mm PAM677

詳細がまだ発表されていませんのでわかりませんが、写真を見る限り、かなり薄型と思われる42mmケースということから、「PAM676」、および「PAM677」はそれぞれ手巻きの「キャリバー P.1000」を搭載した「ラジオミール 1940 3デイズ アッチャイオ - 42mm(Radiomir 1940 3 Days Acciaio - 42mm)PAM00574」、「ラジオミール 1940 3デイズ オロロッソ - 42mm(Radiomir 1940 3 Days Oro Rosso - 42mm)PAM00513」のルミノールバージョン。

45mmケースの「PAM674」は自動巻きの「キャリバー P.4000」を搭載した、「ラジオミール 1940 3デイズ オートマチック アッチャイオ - 42mm (Radiomir 1940 3 Days Automatic Acciaio - 45mm)PAM00572」のルミノールバージョンではないかと推測します。

詳細が発表され次第、正式に記事として紹介しようと思います。

Panerai - Dive Into Time関連の記事

関連記事

故ポール・ニューマン氏のロレックス デイトナ(Ref.6239)が約20億円で落札される

故ポール・ニューマン氏が生前、実際に所有していたロレックス デイトナ(Ref.6239)が、オークションハウス フィリップスが2017年10月にニューヨークで開催した腕時計オークションに出品され、1,500万ドル(買手手数料込み1,775万2,500ドル)という腕時計としては過去最高額で落札されました。

オリエントスターからブランド初となる機械式月齢時計「メカニカルムーンフェイズ」が登場

オリエント(現セイコーエプソン)は、同社の機械式腕時計ブランドである「オリエントスター」から、ブランド初の機械式月齢時計、「メカニカルムーンフェイズ(Mechanical Moon Phase)」コレクション、3モデルを発表。

故ポール・ニューマン氏が所有していたロレックス デイトナ(Ref.6239)がついにオークションに出品される

ハリウッド俳優であり、レーサーでもあったポール・ニューマン氏が生前所有し、実際に使用していた「ポール・ニューマンダイヤル」のロレックス デイトナ(Ref.6239)が、10月に開催されるオークションに出品されるとのこと。

シチズン、ブランド初のトゥールビヨン機構搭載モデル「Y01」を限定2本で発表。大丸松坂屋百貨店300周年記念モデル

シチズンは、ブランドとして初となる複雑機構「トゥ―ルビヨン」を搭載した機械式腕時計「シチズン トゥールビヨン Y01」を発表。創業300周年を迎える大丸松坂屋百貨店を記念するモデルで、2本限定。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. 話題
  3. パネライが 「Dive Into Time」をフィレンツェ マリノ・マリーニ美術館で開催。ルミノールの新作「Luminor due」シリーズを発表