Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

パネライ、従来モデルより40%薄型になった「Luminor Due(ルミノール ドゥエ)」 シリーズを発表

先日、「パネライが 「Dive Into Time」をフィレンツェ マリノ・マリーニ美術館で開催。ルミノールの新作「Luminor due」シリーズを発表」という記事で、速報のような形でオフィチーネ パネライ(Officine Panerai)が発表した最新モデル、「Luminor Due(ルミノール ドゥエ)」 シリーズについてお伝えしましたが、オフィシャルサイト上にも正式にラインナップが追加されました。

オフィチーネ パネライ - Luminor Due(ルミノール ドゥエ)

前述した速報記事では下記のように書いたのですが、

詳細がまだ発表されていませんのでわかりませんが、写真を見る限り、かなり薄型と思われる42mmケースということから、「PAM676」、および「PAM677」はそれぞれ手巻きの「キャリバー P.1000」を搭載した「ラジオミール 1940 3デイズ アッチャイオ - 42mm(Radiomir 1940 3 Days Acciaio - 42mm)PAM00574」、「ラジオミール 1940 3デイズ オロロッソ - 42mm(Radiomir 1940 3 Days Oro Rosso - 42mm)PAM00513」のルミノールバージョン。

45mmケースの「PAM674」は自動巻きの「キャリバー P.4000」を搭載した、「ラジオミール 1940 3デイズ オートマチック アッチャイオ - 42mm (Radiomir 1940 3 Days Automatic Acciaio - 45mm)PAM00572」のルミノールバージョンではないかと推測します。

概ね予想通りでした。下記に「ルミノール ドゥエ」シリーズの各モデルをまとめます。

手巻き 42mm ケース

まずは手巻きのパネライ自社製 P.1000/10 キャリバーを搭載した42mmケースの2モデル。

P.1000 キャリバーは、2つの香箱によりパワーリザーブ3日間を誇る最新のパネライ自社製 手巻きムーブメント。振動数は4Hz(28,800回/時)。9時位置にスモールセコンドを搭載。また、ゼロリセットセコンド機構(時刻設定時にテンプを停止させ、時報に合わせて秒針をゼロ位置に戻すことで時刻を正確にあわせられる機能)も搭載されています。

Luminor Due 3 Days Acciaio - 42mm(PAM00676)

ルミノール ドゥエ 3デイズ アッチャイオ - 42mm(PAM00676)

ルミノール ドゥエ 3デイズ アッチャイオ - 42mm(PAM00676)は、ステンレススティール(AISI 316L 1.4435 ステンレススティール)の42mmケースにパネライ自社製 手巻き P.1000/10 キャリバーを搭載したモデル。

ブラックのアリゲーターストラップ仕様、9時位置にスモールセコンド、シースルーバック仕様、3気圧防水。

Luminor Due 3 Days Oro Rosso - 42mm(PAM00677)

ルミノール ドゥエ 3デイズ オロロッソ - 42mm(PAM00677)

ルミノール ドゥエ 3デイズ オロロッソ - 42mm(PAM00677)は、レッドゴールド(パネライ独自の「5Npt」 - 通常よりも銅を多く含むことで生まれる深い赤色とプラチナを混ぜることで酸化に対する耐性を強化したのが特徴)の42mmケースにパネライ自社製 手巻き P.1000/10 キャリバーを搭載したモデル。

ブラックのアリゲーターストラップ仕様、9時位置にスモールセコンド、シースルーバック仕様、3気圧防水。

自動巻き 45mm ケース

続いて自動きのパネライ自社製 P.4000 キャリバーを搭載した45mmケースの2モデル。

P.4000 キャリバーは、2つの香箱によりパワーリザーブ3日間を誇る最新のパネライ自社製 自動巻きムーブメント。振動数は4Hz(28,800回/時)。9時位置にスモールセコンドを搭載。

オフセンター マイクロローターを搭載することで、自動巻きながらムーブメントの厚みを大幅に削減したモデルです。

Luminor Due 3 Days Automatic Acciaio - 45mm(PAM00674)

ルミノール ドゥエ 3デイズ オートマチック アッチャイオ - 45mm(PAM00674)

ルミノール ドゥエ 3デイズ オートマチック アッチャイオ - 45mm(PAM00674)は、ステンレススティール(AISI 316L 1.4435 ステンレススティール)の45mmケースにパネライ自社製 自動巻き P.4000 キャリバーを搭載したモデル。

ブラックのアリゲーターストラップ仕様、9時位置にスモールセコンド、シースルーバック仕様、3気圧防水。

Luminor Due 3 Days Automatic Oro Rosso - 45mm(PAM00674)

ルミノール ドゥエ 3デイズ オートマチック オロロッソ - 45mm(PAM00674)

ルミノール ドゥエ 3デイズ オートマチック オロロッソ - 45mm(PAM00674)は、レッドゴールドの45mmケースにパネライ自社製 自動巻き P.4000 キャリバーを搭載したモデル。

ブラックのアリゲーターストラップ仕様、9時位置にスモールセコンド、シースルーバック仕様、3気圧防水。


現在発表されている「ルミノール ドゥエ」シリーズ各モデルの特徴としてはサンバーストサテン仕上げの文字盤に特徴がありますね。もしかすると好みが分かれてしまう箇所かもしれませんが。

薄型ケースになったことで、「ルミノールはいいんだけど、ちょっとぶ厚すぎるよね」という方にも選択肢が増えたかもしれません。

さて、販売価格ですが、ほぼ同スペックのラジオミールの並行輸入価格(記事執筆時点)を参考に予測すると、概ね下記のような感じになりそうです。国内での販売開始時期などについては現時点では不明です。

  • ルミノール ドゥエ 3デイズ アッチャイオ - 42mm(PAM00676): 80万円前後
  • ルミノール ドゥエ 3デイズ オロロッソ - 42mm(PAM00677): 180万円前後
  • ルミノール ドゥエ 3デイズ オートマチック アッチャイオ - 45mm(PAM00674): 90万円前後
  • ルミノール ドゥエ 3デイズ オートマチック オロロッソ - 45mm(PAM00674): 200万円前後

関連記事

オリエントスターからブランド初となる機械式月齢時計「メカニカルムーンフェイズ」が登場

オリエント(現セイコーエプソン)は、同社の機械式腕時計ブランドである「オリエントスター」から、ブランド初の機械式月齢時計、「メカニカルムーンフェイズ(Mechanical Moon Phase)」コレクション、3モデルを発表。

セイコー プレサージュにカクテルをイメージしたカラーダイアルコレクションが登場

セイコーの基幹コレクションである「プレサージュ」に、カクテルからインスピレーションを得たカラーダイアルが美しい新コレクション、6カラー、全7モデルが登場。

故ポール・ニューマン氏が所有していたロレックス デイトナ(Ref.6239)がついにオークションに出品される

ハリウッド俳優であり、レーサーでもあったポール・ニューマン氏が生前所有し、実際に使用していた「ポール・ニューマンダイヤル」のロレックス デイトナ(Ref.6239)が、10月に開催されるオークションに出品されるとのこと。

シチズン、ブランド初のトゥールビヨン機構搭載モデル「Y01」を限定2本で発表。大丸松坂屋百貨店300周年記念モデル

シチズンは、ブランドとして初となる複雑機構「トゥ―ルビヨン」を搭載した機械式腕時計「シチズン トゥールビヨン Y01」を発表。創業300周年を迎える大丸松坂屋百貨店を記念するモデルで、2本限定。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. ニュース
  3. パネライ、従来モデルより40%薄型になった「Luminor Due(ルミノール ドゥエ)」 シリーズを発表