Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

「フランク三浦」商標登録無効に対する審決取消訴訟で敗訴したフランク・ミュラー、判決を不服として最高裁に上告

今年4月に東京高等裁判所(知的財産高等裁判所)で「フランク三浦」という商標登録に関してフランク・ミュラーと、商標を登録したフランク三浦を販売する大阪の会社(株式会社ディンクス)の間で争われた「商標登録無効に対する審決取消訴訟」(参考記事)で、フランク・ミュラーが敗訴。「フランク三浦」という商標登録は有効と認められましたが、フランク・ミュラーはこの判決を不服として、最高裁に上告したとのこと。

今回の「商標登録無効に対する審決取消訴訟」の経緯は下記の通りです。

まず、フランク三浦を販売する大阪の会社(株式会社ディンクス)が「フランク三浦」を2012年(平成24年)8月に商標登録しました。これに対してフランク・ミュラーは、この商標登録を無効にするように特許庁に審判を請求し、これを受けて2015年(平成27年)9月に特許庁はこの商標登録を無効と判断しました。

「フランク三浦」という商標登録に対してフランク・ミュラーがそれは駄目でしょうと特許庁に不服を申し立てたことで一旦、特許庁は商標登録を取り消したということです。

それに対して株式会社ディンクスは、この「商標登録を無効とした特許庁の判断」を取り消すように「審決取消訴訟」を行います。

審決取消訴訟というのは、特許庁の審決に対して不服がある場合に東京高等裁判所(知的財産高等裁判所)に対して提起する訴訟のことです。要するに上で書いた、「フランク・ミュラーからの申し立てで商標登録を無効とした特許庁の判断」に対して「その判断は間違っているから取り消してください」という裁判が行われたわけです。

これが今回争われている「商標登録無効に対する審決取消訴訟」ですね。そして冒頭に書いたとおり、今年4月、東京高等裁判所の判決ではフランク・ミュラー側の敗訴となりました。

この判決を受けて、フランク・ミュラー側が上告しなければそのまま判決は確定。フランク・ミュラー側が不服な場合は最高裁判所への上告が可能でしたが、今回フランク・ミュラー側が上告したことで、この裁判は最高裁の判断にゆだねられることになりました。

関連記事

バーゼルワールド 2017 新作、エナメル(琺瑯)ダイアルを採用したセイコー「プレサージュ エナメル コレクション」が発表

セイコーは2017年の新作として、美しいホワイトのエナメル(琺瑯)ダイアルを採用した「プレサージュ エナメル コレクション」を発表。エントリー価格帯ながら、質の高いエナメルダイアルとクラシカルなローマ数字インデックスがエレガントな印象。

グラスヒュッテ・オリジナルからカラフルな5色の文字盤をまとった限定モデル「シックスティーズ アイコニック スクエア」が登場

グラスヒュッテ・オリジナルは、60年代をオマージュしたスクエアケースとカラフルで美しいグラデーションを持った5色の文字盤が特徴の「シックスティーズ アイコニック スクエア」を各色25本の限定モデルとして発表。

フランクミュラー「ヴァンガード グラビティ」コレクションの新作としてスケルトンモデルを発表

重力を「なかったことにする」という挑戦的なコンセプトのトゥールビヨン機構を組み込んだフランクミュラーの「ヴァンガード グラビティ」コレクションに、スケルトン仕様の「ヴァンガード グラビティ スケルトン」が登場。

タグ・ホイヤー SIHH 2017 新作、スポーティかつ精悍なフルブラック仕様の「カレラ キャリバー ホイヤー01 フルブラック マットセラミック」

タグ・ホイヤーは、SIHH 2017新作として、ブラックセラミックケース、ブレスレットを採用したフルブラック仕様の「カレラ キャリバー ホイヤー01 フルブラック マットセラミック」を発表。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. 話題
  3. 「フランク三浦」商標登録無効に対する審決取消訴訟で敗訴したフランク・ミュラー、判決を不服として最高裁に上告