Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

チュードル、自社製新型ムーブメントを搭載した新しい「ブラック ベイ コレクション」

チュードル(Tudor)は、2016 Baselworld(バーゼルワールド)で「チュードル ヘリテージ ブラック ベイ(Tudor Heritage Black Bay)」コレクションを刷新しました。

チュードル ブラック ベイ コレクション

自社開発の新型ムーブメント「Cal.MT5602」(自動巻き / 28,800振動/時)を搭載し、パワーリザーブは70時間。この新型ムーブメントは、COSC(de Controle Official Suisse Chronometres / スイス公式クロノメーター検査協会)認定クロノメーターです。

ケースは41mmサイズのステンレススティールで、200m防水です。ベゼルのカラー展開は旧モデル同様、ブラック、レッド、ブルーの3色。旧モデルで文字盤にあしらわれていた薔薇ロゴ(チューダー・ローズ)が現在のブランドロゴである盾ロゴ(シールドロゴ)に変更され、リファレンス番号も「Ref.79230」へと変更されています。

もうひとつ、外観変更の特徴として、スティールブレスレットが、リベットブレスになりました。下の写真のようにサイドからみるとわかりやすいのですが、アンティークでもこのリベットブレスは人気ですので、この変更はうれしいというチュードルファンの方も多いかもしれません。

チュードル ブラック ベイ コレクション

各カラーとも、ストラップはリベット仕様のステンレススティールブレスか、エイジング加工されたレザーストラップが選択できます。どちらのストラップを選択しても、ファブリック素材のストラップが付属。

予定販売価格は 3,200 CHF(スイスフラン)、現在の為替レート(2016年5月現在)で約36万円。並行輸入品ですと概ね30万円を切る価格で購入できると思いますので、相変わらず、ビンテージの雰囲気を楽しみつつ、入門用としては最適なモデルになりそうです。

チュードル ブラック ベイの新作に関する記事

関連記事

オリエントスターからブランド初となる機械式月齢時計「メカニカルムーンフェイズ」が登場

オリエント(現セイコーエプソン)は、同社の機械式腕時計ブランドである「オリエントスター」から、ブランド初の機械式月齢時計、「メカニカルムーンフェイズ(Mechanical Moon Phase)」コレクション、3モデルを発表。

セイコー プレサージュにカクテルをイメージしたカラーダイアルコレクションが登場

セイコーの基幹コレクションである「プレサージュ」に、カクテルからインスピレーションを得たカラーダイアルが美しい新コレクション、6カラー、全7モデルが登場。

故ポール・ニューマン氏が所有していたロレックス デイトナ(Ref.6239)がついにオークションに出品される

ハリウッド俳優であり、レーサーでもあったポール・ニューマン氏が生前所有し、実際に使用していた「ポール・ニューマンダイヤル」のロレックス デイトナ(Ref.6239)が、10月に開催されるオークションに出品されるとのこと。

シチズン、ブランド初のトゥールビヨン機構搭載モデル「Y01」を限定2本で発表。大丸松坂屋百貨店300周年記念モデル

シチズンは、ブランドとして初となる複雑機構「トゥ―ルビヨン」を搭載した機械式腕時計「シチズン トゥールビヨン Y01」を発表。創業300周年を迎える大丸松坂屋百貨店を記念するモデルで、2本限定。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. ニュース
  3. チュードル、自社製新型ムーブメントを搭載した新しい「ブラック ベイ コレクション」