Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

「偽物」高級腕時計を見抜くための知識をまとめた書籍「Real & Fake Watches」

ちょっと面白い書籍を手に入れたので紹介。腕時計の有名ブランドや人気モデルに焦点を当てた書籍はまぁたくさんあるわけですが、この書籍はそんな有名ブランド、人気モデルの「偽物」についての知識をまとめた珍しい書籍です。

Real & Fake Watches

洋書なので全編英語になってしまいますが、偽物高級腕時計がどこで作られ、どのように流通しているのかといった基礎的な知識から、写真点数を多く使って本物と偽物の違い、どういう点で見分けるべきかといった実践的な知識まで詰め込まれていて面白い。

特にこの書籍の主題となる第3章からは、各ページ見開きで、有名ブランドの人気モデル(書籍発行時点での現行モデルだけでなく、ビンテージモデルなども含め)を左ページに「本物」、右ページに「偽物」の写真を掲載しつつ、どこが違うのかを詳細に解説してくれています。

Real & Fake Watches

最近の偽物は(中の機械はともかく)外装についてはかなりコピーのレベルが上がっていて、見分けるのも大変そう。

正規品を購入する、あるいは並行輸入品にしても購入する店舗なりをきちんと選択すればこういった偽物の被害に遭うケースというのはほぼないわけですが、腕時計に関するひとつの知識として読んでみると面白い書籍かもしれません。

あわせて読みたい

関連記事

本気の機械式腕時計教科書「基礎時計読本(新装改訂増補版) Kindle版」

初版は1967年に刊行され、本気で機械式時計の構造、理論を学ぶ人には必読とも言える書籍「基礎時計読本(新装改訂増補版)」がKindle版として登場。2011年刊行の新装改訂増補版をベースに電子化。

赤瀬川原平氏の腕時計コラム集「赤瀬川原平のライカもいいけど時計がほしい」

前衛美術家、随筆家、作家としても活躍した赤瀬川原平氏が腕時計雑誌「パワーウオッチ」で10年にわたり連載していた同名コラムを書籍化したのがこの書籍。氏独自の視点で語られる腕時計への愛情が詰まった1冊。

Panerai - 「パネライ」という名の書籍

オフィチーネ パネライの誕生から現在までを、パネライに精通した5人の寄稿によってまとめ上げた資料的価値の高い書籍。英語版になります。

ジャパン・メイド トゥールビヨン -超高級機械式腕時計に挑んだ日本のモノづくり-

日本初の独立時計師である浅岡肇氏を中心に国産トゥールビヨンを開発するプロジェクト「Project Tourbillon(プロジェクト トゥールビヨン)」の記録をまとめた書籍。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. 書籍
  3. 「偽物」高級腕時計を見抜くための知識をまとめた書籍「Real & Fake Watches」