Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

チュードル、スタイル コレクションに「フルーテッドべゼル」を追加、豊富なバリエーションから選択可能

チュードル(Tudor)は、2016 Baselworld(バーゼルワールド)で「チュードル スタイル(Tudor Style)」コレクションにフルーテッドべゼル モデルを新たに追加しました。

既存コレクション同様に、ケースサイズは41mm、38mm、34mm、28mmの4サイズ展開。ステンレススティール、またはステンレススティールとK18イエローゴールドのコンビが選択できるほか、文字盤カラー、ストラップなどの組み合わせで、全18モデルの展開となっており、既存のスムーズベゼルモデルとあわせて、選択肢がさらに広がりました。

チュードル スタイル フルーテッドべゼル

搭載されるムーブメントは、41mm、38mm、34mmケースモデルが自動巻き「Cal.2824」、28mmケースモデルが自動巻き「Cal.2671」。どちらもETA社製ムーブメントをベースにしたチュードルのカスタムムーブメントで、パワーリザーブは38時間です。

41mmケースモデル

最も大きなサイズの41mmケースモデル。サイズ的には同じバーゼルワールド 2016で発表されているロレックスのデイトジャスト 41(Ref.126333)と同じです。

もちろん「デイトジャスト 41」と比べてしまうと質感などは全くかなわないものの(価格帯が異なるので当たり前ですが)、品質は非常に優れていますので、例えばコンビモデルなどはフォーマルな場所で使用する、少しラグジュアリーな雰囲気の腕時計が欲しいという方にはコストパフォーマンスの非常に高い1本になりそうです。

チュードル スタイル フルーテッドべゼル 41mm バリエーション

38mmケースモデル

少し小さめの38mmケースモデル。少し小さめといっても38mmあれば比較的存在感は強いです。最近は40mm超えのケースサイズが当たり前になったことで38mmなんて聞くと小さめみたいな印象になってしまいますが、男性がスーツにあわせるならちょうどよいサイズかもしれません。このサイズが最もバリエーションが多くなっています。

ちなみに、この38mmケースモデルには3時、6時、9時位置のインデックスがダイヤモンド仕様になったバリエーションが設定されています。

チュードル スタイル フルーテッドべゼル 38mm バリエーション

34mmケースモデル

34mmケースになると、女性でも選択肢に入ってくると思われます。フォーマルな服装だと大きすぎる腕時計は少しあわせにくい場合もあると思いますが、カジュアルな服装にあえてフォーマルなデカめの腕時計という組み合わせはファッション的にありかと思います。

もちろん少し小さめのサイズが好みの男性が選択するにもよいサイズです。

チュードル スタイル フルーテッドべゼル 34mm バリエーション

28mmケースモデル

最もサイズが小さい、28mmケースモデル。サイズ的には女性向けですがデザイン的にはブラック文字盤にブラックのレザーストラップを組み合わせるなど、男性っぽいデザインのラインナップになっていますので、いかにも女性用なデザインの腕時計はいやだという方にはよいかもしれません。

チュードル スタイル フルーテッドべゼル 28mm バリエーション

各モデルごとの詳しい販売価格が不明ですが、2,000 CHF(スイスフラン)、現在の為替レート(2016年5月現在)で約22万円くらいからとのことでしたので、並行輸入であれば恐らく20万円を切る価格帯で購入可能と思われます。

関連記事

オリエントスターからブランド初となる機械式月齢時計「メカニカルムーンフェイズ」が登場

オリエント(現セイコーエプソン)は、同社の機械式腕時計ブランドである「オリエントスター」から、ブランド初の機械式月齢時計、「メカニカルムーンフェイズ(Mechanical Moon Phase)」コレクション、3モデルを発表。

セイコー プレサージュにカクテルをイメージしたカラーダイアルコレクションが登場

セイコーの基幹コレクションである「プレサージュ」に、カクテルからインスピレーションを得たカラーダイアルが美しい新コレクション、6カラー、全7モデルが登場。

故ポール・ニューマン氏が所有していたロレックス デイトナ(Ref.6239)がついにオークションに出品される

ハリウッド俳優であり、レーサーでもあったポール・ニューマン氏が生前所有し、実際に使用していた「ポール・ニューマンダイヤル」のロレックス デイトナ(Ref.6239)が、10月に開催されるオークションに出品されるとのこと。

シチズン、ブランド初のトゥールビヨン機構搭載モデル「Y01」を限定2本で発表。大丸松坂屋百貨店300周年記念モデル

シチズンは、ブランドとして初となる複雑機構「トゥ―ルビヨン」を搭載した機械式腕時計「シチズン トゥールビヨン Y01」を発表。創業300周年を迎える大丸松坂屋百貨店を記念するモデルで、2本限定。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. ニュース
  3. チュードル、スタイル コレクションに「フルーテッドべゼル」を追加、豊富なバリエーションから選択可能