Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

赤瀬川原平氏の腕時計コラム集「赤瀬川原平のライカもいいけど時計がほしい」

前衛美術家、随筆家、漫画家や作家としても活躍した赤瀬川原平氏は、趣味の分野ではライカ(カメラ)収集家としても有名で、多くの著書、コラムを書かれたりしていましたが、腕時計についても造詣が深く、腕時計雑誌「パワーウオッチ」で10年にわたり、この書籍のタイトルにもなっているコラムを連載されていました。

そのコラムをまとめて単行本化したのが本書。赤瀬川氏が出会って思わず購入してしまった腕時計の数々に関するエピソードや、腕時計に関するこだわりなどを、氏独自の視点で毎話語っていて面白い。合間に差し込まれるイラストも独特のタッチが魅力です。

以前、私もここで「テレビに映る人や映画に出てくる人の腕時計が気になってしまう」や「自動巻きか手巻きか好みが分かれるけれど手巻きが結構すき」といったコラムを書いていますが、本書を読んでいたら、氏も同じようなことを書いていてちょっとうれしかったです。腕時計好きには人それぞれこだわりのポイントや好みがありますが、そういう他人の腕時計に関する考え方が、書籍を通してわかるのは興味深いです。

赤瀬川原平のライカもいいけど時計がほしい

関連記事

本気の機械式腕時計教科書「基礎時計読本(新装改訂増補版) Kindle版」

初版は1967年に刊行され、本気で機械式時計の構造、理論を学ぶ人には必読とも言える書籍「基礎時計読本(新装改訂増補版)」がKindle版として登場。2011年刊行の新装改訂増補版をベースに電子化。

「偽物」高級腕時計を見抜くための知識をまとめた書籍「Real & Fake Watches」

洋書「Real & Fake Watches」は偽物の高級腕時計にフォーカスを当てた書籍。豊富な写真などを使用して、本物と偽物の違い、見分け方などを解説してくれています。

Panerai - 「パネライ」という名の書籍

オフィチーネ パネライの誕生から現在までを、パネライに精通した5人の寄稿によってまとめ上げた資料的価値の高い書籍。英語版になります。

ジャパン・メイド トゥールビヨン -超高級機械式腕時計に挑んだ日本のモノづくり-

日本初の独立時計師である浅岡肇氏を中心に国産トゥールビヨンを開発するプロジェクト「Project Tourbillon(プロジェクト トゥールビヨン)」の記録をまとめた書籍。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. 書籍
  3. 赤瀬川原平氏の腕時計コラム集「赤瀬川原平のライカもいいけど時計がほしい」