Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

ブルガリ、ディアゴノ マグネシウムにクロノグラフを搭載した「Diagono Magnesium Chronograph」を発表

ブルガリ(Bulgari)は「2016 Baselworld(バーゼルワールド)」で「ブルガリ ディアゴノ マグネシウム クロノグラフ(Bulgari Diagono Magnesium Chronograph)」を発表しました。

ブルガリ ディアゴノ マグネシウム クロノグラフ

ケース素材にマグネシウムとピーク(PEEK / ポリエーテルエーテルケトン)を採用し、ベゼルにセラミック素材を組み合わせた「ディアゴノ マグネシウム(Diagono Magnesium」コレクションは、昨年発表されました。イタリアのスポーツカーに用いられる素材を組み合わせ、モータースポーツ、あるいはカーライフを強く意識したスポーティなコレクションですが、これに新たにクロノグラフを搭載したのが、今回の新作コレクション。

個人的には今回のクロノグラフでレッドモデルが追加されたのはいいなと思いました。

ブルガリ ディアゴノ マグネシウム クロノグラフ(レッド文字盤)

スポーティーな腕時計にはこういう派手なカラーリングの方が映えることが多いですし、スポーツカーといえば「赤」という勝手な印象もありますので(笑)

ムーブメントは自動巻きのキャリバー「B130」(37石、28,800振動/時)を採用。これは「ブルガリ・ブルガリ」のクロノグラフモデルでも採用されているムーブメントですね。パワーリザーブは42時間。6時位置に12時間積算計、9時位置に30分積算計。3時位置はスモールセコンドです。

ケース経は42mm。素材は冒頭で書いた通り、マグネシウムとピーク。ベゼルはセラミック素材。ケースバックはブラックPVD加工されたステンレススティールです。防水性能は100m防水。

文字盤の塗装には「モーターラック(Motorlac)」と呼ばれるエンジンの塗装に使用される耐熱ラッカーを使用し、ざらついた加工とあわせて、スポーツカーエンジンのシリンダーヘッドカバー部分を彷彿とさせる仕上げになっています。

国内定価は580,000円(税別)ということで、比較的購入しやすい価格帯ですので、人気が出そうな予感がします。

ブルガリ ディアゴノ マグネシウム クロノグラフ

関連記事

バーゼルワールド 2017 新作、エナメル(琺瑯)ダイアルを採用したセイコー「プレサージュ エナメル コレクション」が発表

セイコーは2017年の新作として、美しいホワイトのエナメル(琺瑯)ダイアルを採用した「プレサージュ エナメル コレクション」を発表。エントリー価格帯ながら、質の高いエナメルダイアルとクラシカルなローマ数字インデックスがエレガントな印象。

グラスヒュッテ・オリジナルからカラフルな5色の文字盤をまとった限定モデル「シックスティーズ アイコニック スクエア」が登場

グラスヒュッテ・オリジナルは、60年代をオマージュしたスクエアケースとカラフルで美しいグラデーションを持った5色の文字盤が特徴の「シックスティーズ アイコニック スクエア」を各色25本の限定モデルとして発表。

フランクミュラー「ヴァンガード グラビティ」コレクションの新作としてスケルトンモデルを発表

重力を「なかったことにする」という挑戦的なコンセプトのトゥールビヨン機構を組み込んだフランクミュラーの「ヴァンガード グラビティ」コレクションに、スケルトン仕様の「ヴァンガード グラビティ スケルトン」が登場。

タグ・ホイヤー SIHH 2017 新作、スポーティかつ精悍なフルブラック仕様の「カレラ キャリバー ホイヤー01 フルブラック マットセラミック」

タグ・ホイヤーは、SIHH 2017新作として、ブラックセラミックケース、ブレスレットを採用したフルブラック仕様の「カレラ キャリバー ホイヤー01 フルブラック マットセラミック」を発表。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. ニュース
  3. ブルガリ、ディアゴノ マグネシウムにクロノグラフを搭載した「Diagono Magnesium Chronograph」を発表