Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

スムーズに弧を描く運針が特徴的な、ノルド 「Variocurve」

ノルド(Nord Zeitmaschine)という機械式腕時計ブランドをご存じの方はそれ程多くないと思います。スイスの時計職人、ダニエル・ネベル(Daniel Nebel)氏が1998年にスイスで立ち上げたブランドで、とても個性的な、特に運針に特徴のあるタイムピースを送り出しています。

今回はそのコレクションの中からの「バリオカーブ(Variocurve)」を紹介。

Nord Zeitmaschine Variocurve V1

写真を見て「レトログラード」かな? と思われた方も多いのではないかと思いますが、「Variocurve」の運針はもう少し個性的で面白い。動画を見るのが早いので下記に動画を掲載しますが、弧を描くように文字盤上を動く分針と、それにあわせて文字盤の一部も動いているのが芸が細かい。

もちろん動画は早回しですので、実際はこの動きを1時間かけて行うわけですが、面白い機構だと思います。

搭載されるムーブメントは「Nord N2」(25石、28,800振動/時)。ETA社の「Cal.2824」をベースにしているそうですが大幅にカスタマイズされていることがうかがえます。パワーリザーブは42時間。

時間表示は7時方向に、5時方向にあるのがデイト表示。43.6mmサイズのステンレススティールケースは100mの防水性能を持ちます。ストラップはカーフレザー。

カラーバリエーションは4種類。上で掲載した写真や動画のものは「V1」と呼ばれるブラック仕様。下記の写真は「V3」と呼ばれるイエローゴールド仕様です。その他に「ピンクゴールド」仕様と「青針」仕様があります。

Nord Zeitmaschine Variocurve V3

日本ではロレックス専門店として知られるクォークさんが正規代理店として取扱いをしているとのこと。価格は 1,814,400円(税込)とのことで、それ程高額な部類ではありません。まぁケースもステンレススティールですし妥当だとは思いますが、人と違った腕時計がよいという方には面白い選択肢かもしれません。

関連記事

バーゼルワールド 2017 新作、エナメル(琺瑯)ダイアルを採用したセイコー「プレサージュ エナメル コレクション」が発表

セイコーは2017年の新作として、美しいホワイトのエナメル(琺瑯)ダイアルを採用した「プレサージュ エナメル コレクション」を発表。エントリー価格帯ながら、質の高いエナメルダイアルとクラシカルなローマ数字インデックスがエレガントな印象。

グラスヒュッテ・オリジナルからカラフルな5色の文字盤をまとった限定モデル「シックスティーズ アイコニック スクエア」が登場

グラスヒュッテ・オリジナルは、60年代をオマージュしたスクエアケースとカラフルで美しいグラデーションを持った5色の文字盤が特徴の「シックスティーズ アイコニック スクエア」を各色25本の限定モデルとして発表。

フランクミュラー「ヴァンガード グラビティ」コレクションの新作としてスケルトンモデルを発表

重力を「なかったことにする」という挑戦的なコンセプトのトゥールビヨン機構を組み込んだフランクミュラーの「ヴァンガード グラビティ」コレクションに、スケルトン仕様の「ヴァンガード グラビティ スケルトン」が登場。

タグ・ホイヤー SIHH 2017 新作、スポーティかつ精悍なフルブラック仕様の「カレラ キャリバー ホイヤー01 フルブラック マットセラミック」

タグ・ホイヤーは、SIHH 2017新作として、ブラックセラミックケース、ブレスレットを採用したフルブラック仕様の「カレラ キャリバー ホイヤー01 フルブラック マットセラミック」を発表。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. 話題
  3. スムーズに弧を描く運針が特徴的な、ノルド 「Variocurve」