Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

スムーズに弧を描く運針が特徴的な、ノルド 「Variocurve」

ノルド(Nord Zeitmaschine)という機械式腕時計ブランドをご存じの方はそれ程多くないと思います。スイスの時計職人、ダニエル・ネベル(Daniel Nebel)氏が1998年にスイスで立ち上げたブランドで、とても個性的な、特に運針に特徴のあるタイムピースを送り出しています。

今回はそのコレクションの中からの「バリオカーブ(Variocurve)」を紹介。

Nord Zeitmaschine Variocurve V1

写真を見て「レトログラード」かな? と思われた方も多いのではないかと思いますが、「Variocurve」の運針はもう少し個性的で面白い。動画を見るのが早いので下記に動画を掲載しますが、弧を描くように文字盤上を動く分針と、それにあわせて文字盤の一部も動いているのが芸が細かい。

もちろん動画は早回しですので、実際はこの動きを1時間かけて行うわけですが、面白い機構だと思います。

搭載されるムーブメントは「Nord N2」(25石、28,800振動/時)。ETA社の「Cal.2824」をベースにしているそうですが大幅にカスタマイズされていることがうかがえます。パワーリザーブは42時間。

時間表示は7時方向に、5時方向にあるのがデイト表示。43.6mmサイズのステンレススティールケースは100mの防水性能を持ちます。ストラップはカーフレザー。

カラーバリエーションは4種類。上で掲載した写真や動画のものは「V1」と呼ばれるブラック仕様。下記の写真は「V3」と呼ばれるイエローゴールド仕様です。その他に「ピンクゴールド」仕様と「青針」仕様があります。

Nord Zeitmaschine Variocurve V3

日本ではロレックス専門店として知られるクォークさんが正規代理店として取扱いをしているとのこと。価格は 1,814,400円(税込)とのことで、それ程高額な部類ではありません。まぁケースもステンレススティールですし妥当だとは思いますが、人と違った腕時計がよいという方には面白い選択肢かもしれません。

関連記事

オリエントスターからブランド初となる機械式月齢時計「メカニカルムーンフェイズ」が登場

オリエント(現セイコーエプソン)は、同社の機械式腕時計ブランドである「オリエントスター」から、ブランド初の機械式月齢時計、「メカニカルムーンフェイズ(Mechanical Moon Phase)」コレクション、3モデルを発表。

故ポール・ニューマン氏が所有していたロレックス デイトナ(Ref.6239)がついにオークションに出品される

ハリウッド俳優であり、レーサーでもあったポール・ニューマン氏が生前所有し、実際に使用していた「ポール・ニューマンダイヤル」のロレックス デイトナ(Ref.6239)が、10月に開催されるオークションに出品されるとのこと。

シチズン、ブランド初のトゥールビヨン機構搭載モデル「Y01」を限定2本で発表。大丸松坂屋百貨店300周年記念モデル

シチズンは、ブランドとして初となる複雑機構「トゥ―ルビヨン」を搭載した機械式腕時計「シチズン トゥールビヨン Y01」を発表。創業300周年を迎える大丸松坂屋百貨店を記念するモデルで、2本限定。

Bucherer(ブヘラ)がブルーダイアルとベゼルを搭載した「ヘリテージ ブラックベイ ブロンズ ブルーエディション」を発売

ヨーロッパ最大の腕時計・ジュエリー小売チェーン・時計ブランド「ブヘラ(Bucherer)」は、「チュードル ヘリテージ ブラックベイ ブロンズ」をベースにブルーダイアルとベゼルを搭載したブルーエディションを発売。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. 話題
  3. スムーズに弧を描く運針が特徴的な、ノルド 「Variocurve」