Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

セイコー プレザージュに琺瑯ダイアルと漆ダイアルの限定2モデルが登場

セイコーは2016 Baselworld(バーゼルワールド)にて、同社の機械式時計ブランド「セイコー プレザージュ」のプレステージラインとして、2モデルの限定仕様を発表しました。

セイコー プレザージュ プレステージライン SARK001 / SARK003

今回発表された「セイコー プレザージュ プレステージライン」、2モデルは、1913年(大正2年)にセイコーが発表した国産初の腕時計「ローレル」の意匠を踏襲しつつ現代風にリファインしたクロノグラフ搭載モデル。

ムーブメントには自動巻(手巻きも可能)クロノグラフキャリバー「8R48」(34石 28800振動/時)を搭載。パワーリザーブは45時間。ケースは42mmのステンレススティールケース。シースルーバック仕様。10気圧防水とJIS耐磁時計1種相当の耐磁性能を持ちます。

限定モデルの特徴はそのダイヤル。2種類の特別なダイアルが用意されています。

1つは「琺瑯(ほうろう)ダイヤル」(SARK001 / 下写真)。琺瑯職人、横澤満(よこざわ みつる)氏の監修により作成される高品質な琺瑯ダイアルは独特の深みのある白色が美しい高級腕時計にふさわしいダイアル。このモデルにはブラウンのクロコダイルストラップが組み合わされます。

セイコー プレザージュ SARK001 「琺瑯(ほうろう)ダイヤル」

もう1つは日本ならではの「漆ダイヤル」(SARK003 / 下写真)。漆芸家、田村一舟(たむら いっしゅう)氏の監修により仕上げられる漆ダイアルは、希少、かつ高品質な国産漆を使用し、無限の奥行きを感じさせる艶やかな漆黒が素晴らしいダイアルになっています。こちらはブラックのクロコダイルストラップが組み合わされます。

セイコー プレザージュ SARK003 「漆ダイヤル」

限定モデルの特別仕様として、竜頭には初代自動巻モデル「オートマチック」のダイヤルに印されていた抑揚のあるSマーク、通称「蛇S(ヘビエス)」が、また、裏ぶたにはシリアルナンバーと「Limited Edition」の文字が印されています。また、ムーブメントの回転錘には特別に金色を採用し、桐製の専用ボックスにおさめられています。

両ダイアルともに世界限定1000本。2016年9月9日発売。「琺瑯ダイヤル」(SARK001)が250,000円(税別)。「漆ダイヤル」(SARK003)が280,000円(税別)と、この品質のモデルとしては非常に手に入れやすい価格帯となります。

同じような仕様でスイスの腕時計ブランドなら軽く50、60万円は超えてくる気がします。国産腕時計に価格競争力がないのか、それとも良心的なのかわかりませんが、とにかく買いの1本ではないでしょうか。

関連記事

オリエントスターからブランド初となる機械式月齢時計「メカニカルムーンフェイズ」が登場

オリエント(現セイコーエプソン)は、同社の機械式腕時計ブランドである「オリエントスター」から、ブランド初の機械式月齢時計、「メカニカルムーンフェイズ(Mechanical Moon Phase)」コレクション、3モデルを発表。

セイコー プレサージュにカクテルをイメージしたカラーダイアルコレクションが登場

セイコーの基幹コレクションである「プレサージュ」に、カクテルからインスピレーションを得たカラーダイアルが美しい新コレクション、6カラー、全7モデルが登場。

故ポール・ニューマン氏が所有していたロレックス デイトナ(Ref.6239)がついにオークションに出品される

ハリウッド俳優であり、レーサーでもあったポール・ニューマン氏が生前所有し、実際に使用していた「ポール・ニューマンダイヤル」のロレックス デイトナ(Ref.6239)が、10月に開催されるオークションに出品されるとのこと。

シチズン、ブランド初のトゥールビヨン機構搭載モデル「Y01」を限定2本で発表。大丸松坂屋百貨店300周年記念モデル

シチズンは、ブランドとして初となる複雑機構「トゥ―ルビヨン」を搭載した機械式腕時計「シチズン トゥールビヨン Y01」を発表。創業300周年を迎える大丸松坂屋百貨店を記念するモデルで、2本限定。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. ニュース
  3. セイコー プレザージュに琺瑯ダイアルと漆ダイアルの限定2モデルが登場