Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

クエルボ・イ・ソブリノスから4種類のカラーダイアルバリエーションを持つ「プロミネンテ キャラメロ」が登場

クエルボ・イ・ソブリノス(Cuervo Y Sobrinos)は、2016 Baselworld(バーゼルワールド)にて、同ブランドのレクタンギュラー(四角形)ケースモデル「プロミネンテ(Prominente)」コレクションに、鮮やかなイエロー、ライトブルー、オレンジ、ブラウンの4種類のカラーダイアルを持つ「プロミネンテ キャラメロ(Prominente Caramelo)」を追加しました。

クエルボ・イ・ソブリノス プロミネンテ キャラメロ

ステンレススティール製のレクタンギュラーケースは、縦サイズ43mm、横サイズ32mmで3気圧防水。6時位置にデイト表示。シースルーバック仕様。ダイアルカラーに合わせた色鮮やかなルイジアナ・アリゲーターストラップが組み合わされています。

搭載されるムーブメントはセリタ社製「Cal.SW300」(ETA社の「Cal.2892-A2」代替機)をベースにカスタムされた自動巻き「Cal.CYS 5102」(25石、2万8800振動/時)。パワーリザーブは42時間。

予定販売価格は32万円(税別)と手に入れやすい価格帯で、鮮やかなカラーバリエーションと相まって、レクタンギュラーケースのフォーマルな腕時計をお求めの方にはお勧めかもしれません。

クエルボ・イ・ソブリノス

「スイスのハートにキューバのスピリット」のフレーズで表現されるバハマ発祥のブランド、クエルボ・イ・ソブリノスはその歴史を1882年頃まで遡る由緒あるブランドですが、キューバ革命を機に一旦はその歴史を閉じてしまいます。

しかし、1997年にオールドウォッチと腕時計製造の歴史を専門とするルカ・ムズメキ(Luca Musumeci)がブランドの権利を取得すると、2002年、クエルボ・イ・ソブリノス ブランドとして正式にヨーロッパで再スタートを切り、その後世界市場での販売をスタートしたことで完全復活を果たしました。

現在は比較的リーズナブルな価格帯(25万円~50万円付近の所謂「ミドルレンジ」と呼ばれる中価格帯)で高級感のあるモデルを多くリリースしていますので、要チェックブランドのひとつです。

関連記事

故ポール・ニューマン氏のロレックス デイトナ(Ref.6239)が約20億円で落札される

故ポール・ニューマン氏が生前、実際に所有していたロレックス デイトナ(Ref.6239)が、オークションハウス フィリップスが2017年10月にニューヨークで開催した腕時計オークションに出品され、1,500万ドル(買手手数料込み1,775万2,500ドル)という腕時計としては過去最高額で落札されました。

オリエントスターからブランド初となる機械式月齢時計「メカニカルムーンフェイズ」が登場

オリエント(現セイコーエプソン)は、同社の機械式腕時計ブランドである「オリエントスター」から、ブランド初の機械式月齢時計、「メカニカルムーンフェイズ(Mechanical Moon Phase)」コレクション、3モデルを発表。

セイコー プレサージュにカクテルをイメージしたカラーダイアルコレクションが登場

セイコーの基幹コレクションである「プレサージュ」に、カクテルからインスピレーションを得たカラーダイアルが美しい新コレクション、6カラー、全7モデルが登場。

故ポール・ニューマン氏が所有していたロレックス デイトナ(Ref.6239)がついにオークションに出品される

ハリウッド俳優であり、レーサーでもあったポール・ニューマン氏が生前所有し、実際に使用していた「ポール・ニューマンダイヤル」のロレックス デイトナ(Ref.6239)が、10月に開催されるオークションに出品されるとのこと。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. ニュース
  3. クエルボ・イ・ソブリノスから4種類のカラーダイアルバリエーションを持つ「プロミネンテ キャラメロ」が登場