Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

クエルボ・イ・ソブリノスから4種類のカラーダイアルバリエーションを持つ「プロミネンテ キャラメロ」が登場

クエルボ・イ・ソブリノス(Cuervo Y Sobrinos)は、2016 Baselworld(バーゼルワールド)にて、同ブランドのレクタンギュラー(四角形)ケースモデル「プロミネンテ(Prominente)」コレクションに、鮮やかなイエロー、ライトブルー、オレンジ、ブラウンの4種類のカラーダイアルを持つ「プロミネンテ キャラメロ(Prominente Caramelo)」を追加しました。

クエルボ・イ・ソブリノス プロミネンテ キャラメロ

ステンレススティール製のレクタンギュラーケースは、縦サイズ43mm、横サイズ32mmで3気圧防水。6時位置にデイト表示。シースルーバック仕様。ダイアルカラーに合わせた色鮮やかなルイジアナ・アリゲーターストラップが組み合わされています。

搭載されるムーブメントはセリタ社製「Cal.SW300」(ETA社の「Cal.2892-A2」代替機)をベースにカスタムされた自動巻き「Cal.CYS 5102」(25石、2万8800振動/時)。パワーリザーブは42時間。

予定販売価格は32万円(税別)と手に入れやすい価格帯で、鮮やかなカラーバリエーションと相まって、レクタンギュラーケースのフォーマルな腕時計をお求めの方にはお勧めかもしれません。

クエルボ・イ・ソブリノス

「スイスのハートにキューバのスピリット」のフレーズで表現されるバハマ発祥のブランド、クエルボ・イ・ソブリノスはその歴史を1882年頃まで遡る由緒あるブランドですが、キューバ革命を機に一旦はその歴史を閉じてしまいます。

しかし、1997年にオールドウォッチと腕時計製造の歴史を専門とするルカ・ムズメキ(Luca Musumeci)がブランドの権利を取得すると、2002年、クエルボ・イ・ソブリノス ブランドとして正式にヨーロッパで再スタートを切り、その後世界市場での販売をスタートしたことで完全復活を果たしました。

現在は比較的リーズナブルな価格帯(25万円~50万円付近の所謂「ミドルレンジ」と呼ばれる中価格帯)で高級感のあるモデルを多くリリースしていますので、要チェックブランドのひとつです。

関連記事

バーゼルワールド 2017 新作、エナメル(琺瑯)ダイアルを採用したセイコー「プレサージュ エナメル コレクション」が発表

セイコーは2017年の新作として、美しいホワイトのエナメル(琺瑯)ダイアルを採用した「プレサージュ エナメル コレクション」を発表。エントリー価格帯ながら、質の高いエナメルダイアルとクラシカルなローマ数字インデックスがエレガントな印象。

グラスヒュッテ・オリジナルからカラフルな5色の文字盤をまとった限定モデル「シックスティーズ アイコニック スクエア」が登場

グラスヒュッテ・オリジナルは、60年代をオマージュしたスクエアケースとカラフルで美しいグラデーションを持った5色の文字盤が特徴の「シックスティーズ アイコニック スクエア」を各色25本の限定モデルとして発表。

フランクミュラー「ヴァンガード グラビティ」コレクションの新作としてスケルトンモデルを発表

重力を「なかったことにする」という挑戦的なコンセプトのトゥールビヨン機構を組み込んだフランクミュラーの「ヴァンガード グラビティ」コレクションに、スケルトン仕様の「ヴァンガード グラビティ スケルトン」が登場。

タグ・ホイヤー SIHH 2017 新作、スポーティかつ精悍なフルブラック仕様の「カレラ キャリバー ホイヤー01 フルブラック マットセラミック」

タグ・ホイヤーは、SIHH 2017新作として、ブラックセラミックケース、ブレスレットを採用したフルブラック仕様の「カレラ キャリバー ホイヤー01 フルブラック マットセラミック」を発表。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. ニュース
  3. クエルボ・イ・ソブリノスから4種類のカラーダイアルバリエーションを持つ「プロミネンテ キャラメロ」が登場