Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

パネライ、オーシャンブルーが美しい「ブルーダイアル」シリーズ 4モデルを発表

オフィチーネ パネライ(Officine Panerai)はルミノール1950、ラジオミール1940コレクションに、サンブラッシュ仕上げが施された濃いブルー「オーシャンブルー」のサンドイッチダイアルが美しい、「ブルーダイアル(Blue Dial)」シリーズ 4モデルを新たに追加しました。日本語による特設サイトも開設されています。

パネライ ブルーダイアル(Panerai Blue Dial)

追加されたのは下記の4モデル。すべてのモデルに共通するのは、サンブラッシュ仕上げが施されたブルーのサンドイッチダイアルに、ブルーに映えるゴールドカラーの針。

Luminor 1950 3 Days GMT Automatic Acciaio - 42mm PAM00688

Luminor 1950 3 Days GMT Automatic Acciaio - 42mm PAM00688

「ルミノール 1950 3デイズ GMT オートマチック アッチャイオ 42mm(Luminor 1950 3 Days GMT Automatic Acciaio - 42mm) PAM00688」は、パワーリザーブ3日間の、パネライ自社製自動巻きムーブメント「Cal.P.9001」(29石、28,800振動/時)を搭載。

9時位置にスモールセコンド、3時位置にデイト表示。GMT機能に加え、シースルーバック仕様で、裏側にパワーリザーブ表示を持ちます。ケースはステンレススティール製、42mmサイズ。防水性能は10気圧(100m)になります。ブルーダイアルに合わせてブルーのカーフレザーストラップ仕様で予定販売価格は90万円(税別)とのこと。

Luminor 1950 10 Days GMT Automatic Acciaio - 44mm PAM00689

Luminor 1950 10 Days GMT Automatic Acciaio - 44mm PAM00689

「ルミノール 1950 10デイズ GMT オートマチック アッチャイオ 42mm(Luminor 1950 10 Days GMT Automatic Acciaio - 44mm) PAM00689」は、パワーリザーブ10日間を誇る、パネライ自社製の自動巻きムーブメント「Cal.P.2003」(25石、28,800振動/時)を搭載。このムーブメントは時針のみを調整することで素早く時刻合わせができる機能が搭載されています(分針を動かすことなく時針だけを1時間ずつ前後に動かすことが可能)。

9時位置にスモールセコンドと24時間表示(AM/PM)、3時位置にデイト表示。GMT機能に加え、6時位置にパワーリザーブ表示。ケースはシースルーバック仕様のステンレススティール製、44mmサイズ。防水性能は10気圧(100m)になります。ブルーダイアルに合わせてブルーのアリゲーターレザーストラップ仕様。

予定販売価格は正式に発表されていないようですが、ダイアル以外が同仕様の「PAM00533」の国内定価が、142万円(税別)ですので、恐らく同様の価格帯になると思われます。

Radiomir 1940 3 Days Acciaio - 47mm PAM00690

Radiomir 1940 3 Days Acciaio - 47mm PAM00690

「ラジオミール 1940 3デイズ アッチャイオ 47mm(Radiomir 1940 3 Days Acciaio - 47mm) PAM00690」は、パネライ自社製の手巻きムーブメント「Cal.P.3000」(21石、21,600振動/時)を搭載。

9時位置にスモールセコンド。シースルーバック仕様のステンレススティールケースは47mmサイズ。防水性能は10気圧(100m)になります。ヴィンテージ仕上げの針が他のモデルと異なる特徴で、OPのロゴが入ったブラウンのレザーストラップと組み合わせられます。

日本での予定販売価格は正式に発表されていないようですが、ダイアル以外がほぼ同仕様の「PAM00514」の国内定価が、82万円(税別)ですので、恐らく同様の価格帯になるのではないかと思われます。

Radiomir 1940 10 Days GMT Automatic Oro Rosso - 45mm PAM00659

Radiomir 1940 10 Days GMT Automatic Oro Rosso - 45mm PAM00659

「ラジオミール 1940 10デイズ オートマチック オロロッソ 45mm(Radiomir 1940 10 Days GMT Automatic Oro Rosso - 45mm) PAM00659」は、K18レッドゴールドの45mmケースに、サンブラッシュ仕上げのオーシャンブルーサンドイッチダイアルが映えるハイエンドモデル。

搭載されるムーブメントは、パネライ自社製の「Cal.P.2003/10」(25石、28,800振動/時)。パワーリザーブは3バレル(3つの香箱)による、10日間というロングパワーリザーブを誇ります。

9時位置にスモールセコンドと24時間表示(AM/PM)、3時位置にデイト表示。GMT機能に加え、6時位置にパワーリザーブ表示。防水性能は5気圧(50m)。シースルーバック仕様のケースバックからは、「Officine Panerai」のロゴが刻印されたローター(回転錘)を持った美しいムーブメントを見ることができます。

ブルーダイアルに合わせてブルーのアリゲーターレザーストラップ仕様。日本での予定販売価格は正式に発表されていないようですが、海外の時計専門サイトでは35000ユーロという情報がありましたので、概ね300万円後半~400万円程度になると思われます。

ブルーダイアルは最近の流行ですね。個人的にはブルーダイアルが好きなのと、以前からラジオミールを1本持ちたいなと思っていたこともあって、「ラジオミール 1940 3デイズ アッチャイオ 47mm PAM00690」などは非常に興味あります。とりあえず国内でのデリバリーが始まったら見に行ってみようかなと思っています。

関連記事

SIHH 2017新作 - パネライ「ルミノール サブマーシブル」コレクションを刷新、全5モデルを発表

パネライは「ルミノール(Luminor)」のプロフェッショナル向けダイバーズウォッチコレクションである「ルミノール サブマーシブル(Luminor Submersible)」コレクションに、新たに5モデルの新作を発表。

パネライ、アメリカスカップ オフィシャルウォッチ「ルミノール マリーナ 1950 アメリカスカップ スリーデイズ オートマティック」ほか全5モデルを発表

パネライは、世界で最も有名、かつ由緒ある国際ヨットレース「アメリカスカップ」オフィシャルウォッチ「ルミノール マリーナ 1950 アメリカスカップ スリーデイズ オートマティック アッチャイオ」ほか、アメリカスカップモデル全5モデルを新たに発表。

パネライ、アモルファス金属素材「BMG-Tech」をケース全面に採用した「ルミノール サブマーシブル 1950 BMG-Tech 3デイズ オートマティック」を発表

パネライは「ルミノール サブマーシブル 1950」コレクションの新作として、アモルファス金属素材「BMG-Tech」をケース全面に採用した「ルミノール サブマーシブル 1950 BMG-Tech 3デイズ オートマティック」を発表。

SIHH 2017新作 - パネライからハイテク素材を駆使して究極の耐久性を実現した「LAB-ID ルミノール 1950 カーボテック 3デイズ」

パネライは、ルミノール 1950 コレクションの新作として、ハイテク複合素材を駆使し、「50年」という長期の保証を実現した「LAB-ID ルミノール 1950 カーボテック 3デイズ」を発表。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. パネライ
  3. パネライ、オーシャンブルーが美しい「ブルーダイアル」シリーズ 4モデルを発表