Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

セイコー プロスペックス マリーンマスター プロフェッショナルにセイコー創業135周年を記念した「SBEX005」が登場。現代の名工 小杉修弘氏がデザイン監修

セイコーウオッチが、セイコー創業135周年を記念して、「セイコー プロスペックス マリーンマスター プロフェッショナル メカニカルハイビート36000 - SBEX005」を発表しました。

1,000m飽和潜水に対応するチタン製防水ケースに10振動(36000振動/時)メカニカルムーブメントを搭載した高性能ダイバーズウォッチで、デザイン監修には現代の名工、ウォッチデザイナーの小杉 修弘(こすぎ のぶひろ)氏を迎え、日本の伝統文様「青海波(せいがいは)」をあしらった深いブルーのダイヤルと、新色のブルー硬質コーティングベゼルが特徴的な卓越したデザインに仕上がっています。

セイコー プロスペックス マリーンマスター プロフェッショナル メカニカルハイビート36000 - SBEX005

搭載されるムーブメントはセイコー社製自動巻き(手巻き付き)メカニカルムーブメント「8L55」(37石)。パワーリザーブ55時間というロングパワーリザーブに、10振動というハイビートによる高い精度を誇ります。JIS耐磁時計2種の耐磁性能をもつこのムーブメントの組み立ては雫石高級時計工房によるもの。シンプルながら太い針とルミブライトによる視認性に優れた3針モデルで、4時~5時位置にデイト表示付き。

ケースサイズは48.2mm。ケース素材はダイヤシールド加工を施したチタン。逆回転防止ベゼル。手首の動きを妨げないよう、4時位置に配置された竜頭はマリーンマスター プロフェッショナルの特徴ですね。ヘリウムガスをケース内に侵入させない、裏ぶたのないワンピース構造と独自のL字パッキンを採用し、世界最高レベルの気密性・水密性を実現しています。

2016年11月11日発売予定で、定価は650,000円(税別)です。

青海波ダイアル

「青海波」は雅楽の演目で、その演目の衣装に使われる文様も「青海波」と呼ばれます。半円形を三重に重ね、波のように反復させたもので、日本古来の伝統文様として知られます。この文様を深海をイメージしたブルーの純鉄ダイヤルに彫り込んだのが今回の「SBEX005」で採用された「青海波ダイアル」。

SBEX005 - 青海波ダイアル

関連記事

バーゼルワールド 2017 新作、エナメル(琺瑯)ダイアルを採用したセイコー「プレサージュ エナメル コレクション」が発表

セイコーは2017年の新作として、美しいホワイトのエナメル(琺瑯)ダイアルを採用した「プレサージュ エナメル コレクション」を発表。エントリー価格帯ながら、質の高いエナメルダイアルとクラシカルなローマ数字インデックスがエレガントな印象。

セイコー 「リクラフト シリーズ」(海外モデル)を大人買い、ストラップを交換して遊んでみた

セイコーが、海外モデルとして展開している「リクラフト シリーズ」の中から、レトロデザインなクッションケースを採用した3モデルをまとめ買い、レザーの Nato ストラップを組み合わせて遊んでみたので紹介。

セイコーから鮮やかなブルーの文字盤・ベゼルを採用した3rdダイバー&サムライの限定復刻版 2モデルが登場

セイコー USA が年明け早々に公式 Instagram にて発表したのは、ブルーの文字盤とベゼルが特徴的なセイコー プロスペックス 2モデル。どちらも人気モデルの限定復刻版になります。

私がヴィンテージ セイコー ファイブスポーツ(5 Sports)のコレクションにハマったきっかけ

1960年代後半~70年代に全盛だったセイコー ファイブスポーツシリーズについてと、私がファイブスポーツのコレクションを始めたきっかけについて簡単にまとめてみます。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. セイコー
  3. セイコー プロスペックス マリーンマスター プロフェッショナルにセイコー創業135周年を記念した「SBEX005」が登場。現代の名工 小杉修弘氏がデザイン監修