Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

パネライと nendo がコラボレーションしたインスタレーション「slice of time」に行ってきました

オフィチーネ パネライ(Officine Panerai)と、デザインオフィス「nendo」がコラボレーションし、「自分だけの時間を持ち帰る」をテーマに開催するインスタレーション(場所や空間全体を作品として体験させる展示手法)「slice of time」が、2016年10月20日(木)~10月23日(日)の期間、表参道のスパイラルガーデンにて開催されています。

初日だった今日、たまたま仕事で近くに行く用事があったので、これはちょうど良いということで観に行ってきました。

slice of time - 表参道 スパイラル

このインスタレーションの概要は下記の通り。入場は無料です。

一筆書きの数字を用いたインデックスや、スクエアなフォルムのケースといったパネライの特徴を凝縮した透明な「抜け殻」のような時計を、押出し成型によって16mの長さに引き伸ばしました。

この細長い「抜け殻の時計」からご来場者の「年齢」が「mm」に変換された分が少しずつスライスされ、手作業で時計が作られていきます。「ヤスリ」「研磨」「組み立て」とそれぞれの作業工程ごとに、まるで「時計の歯車」のような円形のアトリエを用意しました。

時計は5分おきに1点ずつ製作され、細長い「抜け殻の時計」は展示期間の間に少しずつ短くなっていきます。

「抜け殻の時計」もまた、砂時計のように時間を知覚させるための装置として機能し、このインスタレーションは、「抜け殻の時計」すべてが消えた瞬間に終了します。「時計のはかり売り」のように「時間」を「長さ」に変換することで時間を体感し、「自分だけの時間を持ち帰る」ことができるインスタレーションです。

slice of time - 表参道スパイラルガーデン から引用

会場に入ると円形のアトリエが設置され、各工程ごとにスタッフの方が配置され、1つの時計を制作していきます。会場入り口で整理券をもらえますが、そこには5分おきに受付時間が記載され、その時間にアトリエで受け付けをすると、自分の時計が制作に入るという流れ。

受け付け時に年齢を聞かれますが、その年齢によって切り取られる時計の厚さが決まります。例えば30歳の方なら「30mm」の厚さにカットされるという形。これが今回のインスタレーションのテーマとして挙げられている『「来場者」の「時間」を「長さ」に変換することで「自分だけの時間を持ち帰る」体験をしてもらう』というところにつながっているわけです。

slice of time - 表参道スパイラルガーデン

受け付けまで少し時間がある場合は、会場に設置されたアトリエを上から見てみると面白いと思います。時計の歯車をモチーフにしたという円形が上からだとよくわかります。

slice of time - 表参道スパイラルガーデン

最初の行程は、押出し成型されたケースの基となる材料を、来場者の年齢分の長さでスライスするところから始まりますが、アトリエの周囲を反時計回りに回ると、各工程が外側から見られるようになっています。

スライスされたケース材は、次の工程で研磨され、機械(一般的な置時計用クォーツムーブメント)を組み込む工程を経て、パッケージングされ完成します。受け付け後、実際に時計が受け取れるまでに約3時間ほどかかりますので、その間、スパイラルでお買い物したり、周辺で食事したりしていると良いと思います。私の場合は元々仕事の用事で表参道にきていたので普通に仕事していましたけども。

slice of time - 表参道スパイラルガーデン

そして実際に受け取った時計が下記。時計はパッケージングされて渡されます。時計に電池は入っていませんので動いていません(もちろん、パッケージを開けて電池を自分で入れれば動くと思います)。

slice of time - 表参道スパイラルガーデン

時計には受け付け時に記入したタグが同封されます。歳がバレるのでその部分はぼかしていますが、時計の厚みからなんとなくバレそうですね......(なのであまり厚みがわからないように写真を撮りました)

slice of time - 表参道スパイラルガーデン

パネライは個人的に好きな時計ブランドですし、nendo も以前からそのデザインに注目しているデザイン会社さんですので、私にとってはとても興味深い展示でした。アトリエで時計が作られていく工程を観るのは面白かったです。

また、同じスパイラルの1Fで、nendo のプロダクトを集めた期間限定の「nendo Shop」も展開されていますので、あわせて覗いてみると面白いと思いますよ。

slice of time - 表参道スパイラルガーデン

来場者が持ち帰ることができる時計は数量限定ですので、気になる方はお早めに。私は開場と同時くらいに入ったので会場は来場者が並んだりはしていませんでした。午前中に行くのが良いと思います。

表参道スパイラルは地下鉄 表参道駅の B1、B3 出口から徒歩で1分程度の場所、青山通り沿いにあります。

関連記事

「バーゼルワールド(Baselworld) 2017」は2017年3月23日~30日に開催

SIHH 2017が終わると、次の大きな新作発表の場として控えるのが「バーゼルワールド(Baselworld)」。今年は2017年3月23日(木)~30日(木)の日程で開催予定。

SIHH 2017(ジュネーブサロン)初日のオープンは日本時間1月16日 16時30分(現地時間16日 8時30分)ごろ

今年もSIHH(通称ジュネーブサロン)の開催が明日に迫りました。SIHH 2017 初日のオープンは日本時間で16日16時30分ごろ。また、プレ SIHH 期間中に発表され、取り上げた記事をまとめておきます。

伊勢丹新宿店にて Hublot×Berluti 「The Art of Fusion ‒ 革新性とヘリテージの融合」が開催、限定モデル「クラシック・フュージョン ベルルッティ スクリット オーシャンブルー」が日本先行販売

Hublot×Berluti「The Art of Fusion」にて、両ブランドがコラボレーションした新作「クラシック・フュージョン ベルルッティ スクリット オーシャンブルー」が日本先行販売。

腕時計に関するブログ記事を書いて Advent Calendar(アドベントカレンダー)に参加してみませんか?

テーマを決めて、みんなでブログ記事を持ち回りで書いてみようというWeb上での年末企画「アドベントカレンダー」に「腕時計」をテーマにしたアドベントカレンダーを作成してみましたので腕時計趣味の方々へ参加のお誘い。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. イベント
  3. パネライと nendo がコラボレーションしたインスタレーション「slice of time」に行ってきました