Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

貴重なヴィンテージロレックスを集めた世界初のロレックス博物館が日本に誕生

クォーク ミュージアム

クォーク」さんといえば、ロレックスを専門に取り扱う専門店として、多くの時計愛好家から絶大な信頼を集める有名店ですが、このクォークさんが、日本でどころか世界で初のヴィンテージロレックスの博物館「Quark Museum(クォーク ミュージアム)」を上野にオープンするとのこと。

収蔵されるコレクションは、世界中のロレックス愛好家も唸らせるであろう貴重なヴィンテージロレックスが200点ほどに加え、資料価値の高いボックス、文字盤などのパーツ、パンフレット類やノベルティなども数多く展示されるとのこと。まさにロレックス好きなら1度は訪れてみたい魅惑の博物館。

オープンは2017年1月。完全予約制で、1日2組(1組2名まで)までの限定公開とのこと。1組あたりの見学時間は30分。なお、2017年6月まではクォークのVIP顧客の招待のみで、一般客の来館予約受け付けは2017年6月1日以降開始とのことです。

恐らく国内外からロレックスファンの来館予約が殺到することが予想されますので、実際に申し込んで来館できるまでは半年とか、1年とかかかる可能性がありますね。とはいえ、展示されるコレクション的には期待を裏切らない充実ぶりだと思いますので、それだけの価値はありそうです。

ちなみに、予約ができたとして、来館当日は写真付きの身分証明書が必要。さらにセキュリティを考慮して、ミュージアム内部は写真撮影禁止とのことで、入館前に携帯電話を含めたすべての荷物はコインロッカーに預ける必要があるとのことです。

VIP顧客じゃない方はとりあえず一般予約が始まるまで待ちましょう。

あわせて読みたい

関連記事

オリエントスターからブランド初となる機械式月齢時計「メカニカルムーンフェイズ」が登場

オリエント(現セイコーエプソン)は、同社の機械式腕時計ブランドである「オリエントスター」から、ブランド初の機械式月齢時計、「メカニカルムーンフェイズ(Mechanical Moon Phase)」コレクション、3モデルを発表。

セイコー プレサージュにカクテルをイメージしたカラーダイアルコレクションが登場

セイコーの基幹コレクションである「プレサージュ」に、カクテルからインスピレーションを得たカラーダイアルが美しい新コレクション、6カラー、全7モデルが登場。

故ポール・ニューマン氏が所有していたロレックス デイトナ(Ref.6239)がついにオークションに出品される

ハリウッド俳優であり、レーサーでもあったポール・ニューマン氏が生前所有し、実際に使用していた「ポール・ニューマンダイヤル」のロレックス デイトナ(Ref.6239)が、10月に開催されるオークションに出品されるとのこと。

シチズン、ブランド初のトゥールビヨン機構搭載モデル「Y01」を限定2本で発表。大丸松坂屋百貨店300周年記念モデル

シチズンは、ブランドとして初となる複雑機構「トゥ―ルビヨン」を搭載した機械式腕時計「シチズン トゥールビヨン Y01」を発表。創業300周年を迎える大丸松坂屋百貨店を記念するモデルで、2本限定。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. ニュース
  3. 貴重なヴィンテージロレックスを集めた世界初のロレックス博物館が日本に誕生