Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

ヴァシュロン・コンスタンタン、超絶グランドコンプリケーション「レ・キャビノティエ セレスティア アストロノミカル グランド コンプリケーション 3600」を発表

Les Cabinotiers Celestia Astronomical Grand Complication 3600

写真は「Vacheron Constantin Les Cabinotiers Celestia Astronomical Grand Complication 3600 Watch」から引用 - Photo by aBlogtoWatch

SIHH 2017がいよいよ本日より始まりましたが、早速ヴァシュロン・コンスタンタン(Vacheron Constantin)からとんでもない1本が発表されました。その名も「レ・キャビノティエ セレスティア アストロノミカル グランド コンプリケーション 3600(Les Cabinotiers Celestia Astronomical Grand Complication 3600)Ref.9720C/000G-B281」

SIHH 開催前にヴァシュロン・コンスタンタンの公式 Twitter アカウントが下記のティーザー動画をツイートしていまして、何らかすごいのがくるらしいぞと期待していましたが、発表されたのは全部で23個の複雑機能を搭載した、超絶グランドコンプリケーションでした。

昨年、腕時計ではありませんが、ヴァシュロン・コンスタンタンが発表した懐中時計「リファレンス 57260」は、8年以上の歳月を費やし、57個のコンプリケーションを搭載した「世界一複雑な時計」として世界中を驚かせました。

今回はそれと同じことを腕時計で挑戦した形になりますが、今回の「レ・キャビノティエ セレスティア アストロノミカル グランド コンプリケーション 3600」は、「Astronomical」(アストロノミカル / 天文学)という名が示す通り、天文学的情報を表示するための機能をこれでもかと詰め込んだ、超複雑天文腕時計です。

ヴァシュロン・コンスタンタン Cal.3600

写真は「Vacheron Constantin Les Cabinotiers Celestia Astronomical Grand Complication 3600 Watch」から引用 - Photo by aBlogtoWatch

K18ホワイトゴールドを採用したケースのサイズは直径45mm、厚さは13.6mm。この限られたスペースに搭載されるムーブメントは、新開発の手巻き「Cal.3600」(64石、18,000振動/時)。6バレル(香箱×6)でなんと3週間のロングパワーリザーブを誇ります。

514のパーツで構成されるこのムーブメントは、直径36mm、厚さは8.7mmに抑えられていますが、このサイズの中に23個ものコンプリケーションを搭載するため、5年もの歳月をかけて開発が行われたとのこと。

複雑機構が所狭しと搭載

「レ・キャビノティエ セレスティア アストロノミカル グランド コンプリケーション 3600」に搭載されている主な機能を挙げてみましょう。多くは天文時計に見られる表示が占めていますが、下記のようになります。

時針・分針・太陽時

通常の時計でいう時針、分針に加えて、ゴールドの針は太陽時を示します。

パーペチュアルカレンダー & ムーンフェイズ

  • 曜日、および月を表示する窓が12時と1時の間に、さらに2時位置には閏年表示
  • デイト表示は、3時位置にあるサブダイアル
  • 4時位置には季節表示、春分、秋分、夏至、冬至、黄道十二星座の表示
  • 6時位置に日の出日の入り時刻の表示と一日の昼と夜の長さを表示
  • 9時位置にはムーンフェイズ(月齢表示)
  • 10時位置には太陽と月、地球の位置関係を示す3Dモデルと、潮の満ち引きを示す潮汐表

ケースバックは天球図

  • ケースバックは全面が天球図、および恒星時時計
  • ケース外周にはパワーリザーブ表示

ちょっと訳がわからないくらいの機能が詰め込まれています。

このヴァシュロン・コンスタンタン渾身のグランドコンプリケーションは、お値段ちょうど100万ドル。日本円にすると、現在の為替レートで約1億4,000万円程になります。

あわせて読みたい

関連記事

シチズン、ブランド初のトゥールビヨン機構搭載モデル「Y01」を限定2本で発表。大丸松坂屋百貨店300周年記念モデル

シチズンは、ブランドとして初となる複雑機構「トゥ―ルビヨン」を搭載した機械式腕時計「シチズン トゥールビヨン Y01」を発表。創業300周年を迎える大丸松坂屋百貨店を記念するモデルで、2本限定。

グランドセイコーに初の飽和潜水用メカニカルダイバーズウオッチ「メカニカルハイビート36000 プロフェッショナルダイバーズ 600m」が登場

セイコーは「グランドセイコー」コレクションでは初の本格的なプロフェッショナルダイバーズウォッチ「グランドセイコー メカニカルハイビート36000 プロフェッショナルダイバーズ 600m」を発表。

セイコー、グランドセイコーの初代モデルを現在の技術で復刻した「初代グランドセイコー リミテッドコレクション 2017」を発表

セイコー(Seiko)は、1960年に誕生した初代グランドセイコーを、現在のセイコーが持てる最高の技術と進化したデザインでよみがえらせた「初代グランドセイコー リミテッドコレクション 2017」を発表。

オメガ、ブルーセラミックケースを採用した「シーマスター プラネットオーシャン "ビッグブルー"」を発表

オメガは「バーゼルワールド 2017」において、ブルーのセラミックケースを採用し、600mの防水性能と、GMT機能をもった本格的ダイバーズウォッチ、「シーマスター プラネットオーシャン "ビッグブルー"」を発表。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. ハイエンド
  3. ヴァシュロン・コンスタンタン、超絶グランドコンプリケーション「レ・キャビノティエ セレスティア アストロノミカル グランド コンプリケーション 3600」を発表