Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

たまにはクォーツ - スティーブ・ジョブズも愛用したミニマルな腕時計「セイコー シャリオ」を復刻した「SCXP041」

セイコー セレクション ナノ・ユニバース コラボレーションモデル「SCXP041」

面白いモデルならたまにはクォーツ式腕時計も取り上げてみようというこのシリーズ。ついこの間「Dan Henry 1963」を取り上げたばかりで、ちょっと頻度が高い気もしますけども、今回は「セイコー(Seiko)」と若者を中心に人気のファッションブランド、「ナノ・ユニバース(nano・universe)」とのコラボレーションモデル「SCXP041」を取り上げてみたいと思います。

今回取り上げる「SCXP041」は、2015年からスタートしたセイコーとナノ・ユニバースのコラボレーション企画、その第4弾としてリリースされた4モデルの中の1つ。

以前、このコラボレーション企画で発売された機械式腕時計「SCVE043」を取り上げたことがありますが、今回のモデルは機械式腕時計ではなく、クォーツムーブメントを搭載したモデルになります。

コラボレーション企画の第4弾として、セイコーとナノ・ユニバースがベースモデルにチョイスしたのは、1982年にシックな薄型ドレスウオッチとしてリリースされた「セイコー シャリオ」。オリジナルモデルは33mmケースという、今となってはかなり小さめサイズのケースを採用し、そのミニマル、かつモダンなデザインで人気を誇ったモデル。

オリジナルモデルは、アップル社(Apple Inc.)の共同設立者の1人である故スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)氏がそのミニマルなデザインを気に入って愛用していたということもあって有名ですが、今回の復刻はオリジナルを完全に再現したモデルというわけではなく、オリジナルの雰囲気をうまく再現しつつ、現在の流行にうまくあわせ、33mmモデルを女性向けモデルにした上で、新たに37.5mmケースの男性向けサイズを用意。

ペアウォッチとして使えるように2サイズでのリリースとなっています。

あと、「セイコー シャリオ」の復刻という扱いにはなっていますが、本モデルは「セイコー セレクション(Seiko Selection)」コレクションの1モデルとして、正式に「シャリオ」の名前が付けられているわけではありません。

あくまでシャリオをベースにした別のモデルという扱いになるかと思います。

すべて限定モデルで全4モデル展開

リリースされたモデルは全部で4モデル。実際には2モデルで、それぞれ2サイズ展開という形ですので、デザイン的には2種類あるという形。その違いは文字盤のカラーです。

まず、オリジナルの「セイコー シャリオ」と同じホワイトの文字盤を持った「SCXP041」および「SCXP051」。それぞれ限定数1,982本で発売されました。今回私が購入したのは「SCXP041」になります。

「SCXP051」の方が、女性向けとなっていますが、このモデルのケースサイズが33mmで、オリジナルのシャリオと同サイズ。つまり、こちらの方がよりオリジナルに忠実ということになりますね。

一方の「SCXP041」はひとまわり大きい37.5mmケースを採用。男性サイズですが控えめなサイズですので、フォーマルな場でも比較的使いやすいモデルだと思います。

もう1モデルはナノ・ユニバースの店舗のみで限定販売(それぞれ300本の限定)された「SCXP061」および「SCXP071」。こちらはブラックの文字盤が特徴的。

ケースサイズはホワイト文字盤モデルと同様の展開で、「SCXP061」が37.5mmケースを採用した男性向け、「SCXP071」の方が33mmケースの女性向けとなっています。噂では一瞬で完売したそうで、今から手に入れるのは困難かと思います。

薄型37.5mmケースで使いやすい「SCXP041」

セイコー セレクション ナノ・ユニバース コラボレーションモデル「SCXP041」

外箱はナノ・ユニバースとのコラボレーションモデルに共通するナノ・ユニバースのロゴ入り。ストラップはカーフストラップ。ホワイトの文字盤は余計な装飾もなく、とてもシンプルなデザインになっています。

セイコー セレクション ナノ・ユニバース コラボレーションモデル「SCXP041」

文字盤には誇らしげに「Quartz」の刻印がされていますが、これはオリジナルモデルを踏襲したデザイン。ケースはステンレススティール製で、ブラックの硬質コーティングでつや消しのブラックに仕上げられています。ホワイトの文字盤と相まってモダンな雰囲気。

セイコー セレクション ナノ・ユニバース コラボレーションモデル「SCXP041」

ケースバックには限定モデルを表す「Limited Edition」の刻印と、シリアルナンバーが刻まれています。ケースバックはスナップ式と思われます。日常生活用強化防水(5気圧)と防水性能は期待しない方がよい仕様になっています。

セイコー セレクション ナノ・ユニバース コラボレーションモデル「SCXP041」

搭載されるムーブメントは電池式クォーツムーブメント「7N01」。電池寿命は約3年、平均月差±15秒とごく普通のスペックになっています。

私の場合はスティーブ・ジョブズ氏がオリジナルモデルを使っていたという点には大した興味もなく、そのオリジナルに忠実なサイズとして33mmの方がよいといった感覚もなかったので、実際に自分が使うとして一番サイズとデザインが好みのモデルを選択しました。

そのため、37.5mmケース、かつホワイト文字盤の「SCXP041」を購入しましたが、オリジナルの復刻にこだわるのであれば33mmケースの方が人気かもしれないですね。さすがに33mmケースは今となっては小さすぎて使う気にならないので私は特に興味をそそられなかったですけども。

あわせて読みたい

関連記事

たまにはクォーツ - セイコー プロスペックス Lowercase プロデュースモデル Beams 別注 「SBDJ031」

セイコーの「プロスペックス フィールドマスター」を、Lowercase クリエイティブディレクター 梶原由景氏の監修によって、タウンユース向けにアレンジした、Beamsの別注モデル「SBDJ031」(限定300本)を紹介。

ブルーエナメルダイアルの美しさに惹かれて - Lundis Bleus 「1100-EU」

リーズナブルながら完成度の高い腕時計を送り出すスイスの新興ブランド、Lundis Bleus(ランディ・ブルー)。その際新モデルとして、ブルーのエナメルダイアルが非常に美しい「1100-EU」をスイスにオーダーしてみました。

セイコー プロスペックス 「SRPA71」 をビンテージ加工されたモフラージュ柄レザーストラップで精悍な印象に

方位磁石が機能しない状況でも方角の確認が可能な簡易方位計つきインナーベゼルを搭載した海外向けモデル、セイコー プロスペックス「SRPA71」にモフラージュ柄レザーストラップを組み合わせてより精悍な印象にカスタマイズ。

たまにはクォーツ - ブルーダイアルがクールな「シチズン エコ・ドライブ パラデックス」 Ref.BU4010-05L

たまにはクォーツ式腕時計も取り上げてみようというシリーズ。ブルーダイアルにシルバーのサブダイアルがエレガントな雰囲気を醸し出す、シチズンの海外販売モデル「シチズン エコ・ドライブ パラデックス Ref.BU4010-05L」を紹介。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. レビュー
  3. たまにはクォーツ - スティーブ・ジョブズも愛用したミニマルな腕時計「セイコー シャリオ」を復刻した「SCXP041」