Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

鮮やかなブルーの文字盤・ベゼルを採用した「3rdダイバー」限定復刻モデル、セイコー プロスペックス "Blue Lagoon" 「SRPB11」

Seiko Prospex SRPB11

去年の年末ですが、セイコーから海外向けに発売されるモデルとして、鮮やかなブルーの文字盤・ベゼルを採用した「セイコー プロスペックス(Seiko Prospex)」シリーズの2つのモデルについて取り上げました。

海外では通称「Blue Lagoon」と呼ばれるこの限定2モデルは、日本での正式な取り扱いはありませんが、海外では2017年2月28日に発売され、予想通り人気になっているようです。

その2モデルのうち、海外では「Turtle(タートル / 亀)」の愛称で呼ばれる、所謂3rdダイバー「6309」の復刻版となる、44.3mmのクッションケースを採用した「SRPB11」を購入しましたので紹介してみようと思います。

ブルーの SRPB11

Seiko Prospex SRPB11

今回の限定モデルの特徴でもある深みのあるブルーの文字盤と、同じくブルーを基調としたツートンベゼルがなかなかよい雰囲気を醸し出しています。

ケースは44.3mmサイズなのでかなり大きいですし、ステンレススティール製のブレスレットと相まってかなり重いので、使う場所は選ぶと思いますが、ストラップ交換などで遊んでみても面白いモデルかもしれません。

このモデルは限定版ということで、少し特別な仕様のケースに収められています。また、交換用にラバーストラップが付属しますので、気分や用途に応じて交換することも可能。

ケースの内側には「Prosupex」のロゴと合わせて、「Limited Edition」の表記がされています。

Seiko Prospex SRPB11 - ケース

写真は「Seiko Prospex SRPB11 - Seiko USA」から引用 - Photo by Seiko USA

特徴的なクッションケースの形状、5時位置にあるリューズはねじ込み式リューズで、200mの防水性能を誇ります。インデックスや針の夜光も大きく視認性はよいと思われますが、本格的なダイビングで使う人はそれ程多くはないと思いますのでこの辺は好みの問題かと思います。いかにもタイバーズっていうデザインですね。

個人的にはアクセントとして使われている黄色と文字盤、ベゼルのブルーがいい具合にマッチしていて好きです。まぁデザイン的に好きだからわざわざ買ったわけですけども。

Seiko Prospex SRPB11

搭載されるムーブメントは「Cal.4R36」(24石、21,600振動/時)。パワーリザーブは約41時間。セイコーの低価格もモデルではおなじみのムーブメントで、世の中に出回っている数も多いし性能的には安定しているのでメンテナンスなどを考えても安心な機械。3時位置にデイデイト表示を搭載しています。

アメリカでの販売価格は575ドルですので、日本円にすると概ね 65,000円程度。限定モデルではありますが同時発売の「SRPB09」と共に、限定数が各6,000本程度あるとのことで、海外から取り寄せる手間を除けば比較的入手しやすいのではないかと思います。

変な並行輸入業者には気をつけないといけませんが、日本でも並行輸入で取り扱っている専門店はあると思います。興味のある方は探してみるとよいかもしれません。

あわせて読みたい

関連記事

チープセイコーで遊ぶ - アクリル加工されたベゼルが特徴のセイコー 5スポーツ 「Ref.SNZH53JC」 をブルーのカーフストラップでアレンジ

1万円台で買えてしまう手軽な機械式腕時計、セイコー 5スポーツから、アクリル加工されたベゼルが特徴的な「Ref.SNZH53JC」にブルーのカーフストラップを組み合わせてアレンジ。

たまにはクォーツ - スティーブ・ジョブズも愛用したミニマルな腕時計「セイコー シャリオ」を復刻した「SCXP041」

面白いモデルならたまにはクォーツ式腕時計も取り上げてみようというシリーズ。80年代に発売され人気だった「セイコー シャリオ」をセイコーとナノ・ユニバースとのコラボレーションモデルとして復刻した「SCXP041」を紹介。

オリエントの海外モデルダイバーズウォッチ「Mako Ⅱ」をストラップ交換でカジュアルに

オリエントが海外でのみ展開するダイバーズウォッチコレクション「Mako Ⅱ」(ペプシベゼル)をベースに、ベゼルカラーとコーディネートした NATO ストラップに交換してカジュアルにコーディネートした例を紹介。

たまにはクォーツ - 60年代のパイロットクロノグラフをオマージュした「Dan Henry(ダン・ヘンリー) 1963」

長年アンティークウォッチをコレクションし続けた時計愛好家が自ら立ち上げたブランド「Dan Henry(ダン・ヘンリー)」の中から日本製クォーツムーブメントを搭載した「1963」を紹介。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. レビュー
  3. 鮮やかなブルーの文字盤・ベゼルを採用した「3rdダイバー」限定復刻モデル、セイコー プロスペックス "Blue Lagoon" 「SRPB11」