Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

オメガからスピードマスター、シーマスター 300、レイルマスターの60周年を記念した限定モデル「1957 トリロジー リミテッド エディション」 3モデルが登場

オメガ 1957 トリロジー リミテッド エディション(Omega 1957 Trilogy Limited Editions)

今年、2017年はオメガ(Omega)のフラッグシップコレクションである「スピードマスター(Speedmaster)」の60周年を記念する年ということもあって、その60年の歴史を振り返るスペシャルコンテンツがオンラインで公開されたり(下記記事参照)、同様に「シーマスター 300(Seamaster 300)」、それからあまり腕時計に詳しくない人にとっては馴染みがないかもしれませんが、同じ1957年に発表された「レイルマスター(Railmaster)」も同様に60周年を迎える特別な年。

ということもあって、今年の新作発表は期待できそうというのが大方の予想でしたし、事前に Instagram などで公開されていたティーザー動画でも、これら3つのコレクションに何らかの新作が発表されるだろうことはほぼ明かだったわけですが、その期待を裏切らないすごいのをぶっ込んできてくれました。

今回、オメガが「バーゼルワールド(Baselworld) 2017」で発表したのは、1957年に発表された、初代スピードマスター、シーマスター 300、レイルマスターの各モデルを復刻し、「オメガ 1957 トリロジー リミテッド エディション(Omega 1957 Trilogy Limited Editions)」と題された限定版 3モデル。

スピードマスター 60周年リミテッド エディション

スピードマスター 60周年リミテッド エディション

スピードマスターの60周年を記念した限定モデル「スピードマスター 60周年リミテッド エディション(Speedmaster 60th Anniversary Limited Edition 38.6mm)Ref.311.10.39.30.01.001」は、オリジナル版と同様、ブロードアローと呼ばれる針(ハンズ)を採用。今回の限定モデルでは、1957年のオリジナルタキメータースケールに合うように書体を描き直すなど、細かい調整が行われています。

ケースサイズは38.6mm。搭載されるムーブメントは「Cal.1861」(18石、21,600振動/時)。パワーリザーブ約48時間。現行「スピードマスター プロフェッショナル」でもおなじみの、傑作手巻きクロノグラフムーブメントです。

シーマスター 300 マスタークロノメーター 60周年リミテッド エディション

シーマスター 300 マスタークロノメーター 60周年リミテッド エディション

1948年に発表したシーマスターを進化させ、より本格的なダイバーズウォッチとして1957年に登場した「シーマスター 300」(CK2913)は、当時としては最高クラスの20気圧防水性能と、高度3万2000mまでの対気圧性能を持つプロフェッショナル向けモデルでした。

この「CK2913」をベースに今回発表されたのが「シーマスター 300 マスター クロノメーター 60周年リミテッド エディション(Seamaster 300 - 60th Anniversary Limited Edition 39mm)Ref.234.10.39.20.01.001」。

ブラックのアルミ製ベゼルが特徴で、リューズにはオリジナルモデルにも描かれていたナイアードの刻印。搭載されるムーブメントは、自動巻きマスタークロノメーター「Cal.8806」(35石、25,200振動/時)。パワーリザーブ約55時間。15,000ガウスの耐磁性能を誇りますので、見た目はヴィンテージながら、安心して使える最新ムーブメントとなっています。

レイルマスター マスタークロノメーター 60周年リミテッド エディション

レイルマスター マスタークロノメーター 60周年リミテッド エディション

1957年に発表された「レイルマスター」は鉄道関係者向けにデザインされた、鉄道時計と呼ばれるもの。視認性を重視したシンプルなデザインが一部の愛好家からは人気のモデルです。このオリジナルを復刻したのが「レイルマスター マスタークロノメーター 60周年リミテッド エディション(Railmaster - 60th Anniversary Limited Edition 38mm)Ref.220.10.38.20.01.002」。

搭載されるムーブメントは、「シーマスター 300 マスター クロノメーター 60周年リミテッド エディション」と同様に自動巻きマスタークロノメーター「Cal.8806」(35石、25,200振動/時)。パワーリザーブ約55時間。15,000ガウスの耐磁性能を誇ります。

各モデル 3,557本世界限定

3つのモデルに共通するケースはブラッシュ&ポリッシュ仕上げが施されたステンレススティール製。ヴィンテージな雰囲気を醸し出すダイアルは「ブラックトロピカルダイアル」と呼ばれ、経年変化したような風合いを再現しています。

各モデルは、それぞれ3,557本世界限定販売。蓋にシーホース、ヴィンテージなロゴ、赤いコーデュロイ素材の中敷きなど、1957年当時のパッケージにインスパイアされた特別ボックスに収められ、レザーとNATO仕様の交換用ストラップ計2本と、ストラップ交換のためのツールが同梱されています。

特別ボックスセットも限定557セット用意

オメガ 1957 トリロジー特別ボックスセット

さらに、この3モデルまとめて手に入れたいというコレクター向けに、限定557個の「トリロジー特別ボックスセット」が用意されるとのこと。

特別な刻印が施されたスイス産オーク材のボックスに3モデルが収納されますが、セットにて提供される3モデルは、すべて同じ限定番号が刻印されるためコレクション価値が高そう。

このセットにはレザー製のロールケースと、3つのモデルそれぞれにレザーとNATO仕様の交換用ストラップ、木製バネ棒交換ツール、予備のバネ棒が含まれています。

日本での発売開始時期は今年5月を予定。予定販売価格は下記の通り。

  • スピードマスター 60周年リミテッド エディション: 6,700スイスフラン→日本円で約75万円
  • シーマスター 300 マスター クロノメーター 60周年リミテッド エディション: 6,500スイスフラン→日本円で約73万円
  • レイルマスター マスタークロノメーター 60周年リミテッド エディション: 6,300スイスフラン→日本円で約71万円
  • オメガ 1957 トリロジー特別ボックスセット: 20,000スイスフラン→日本円で約224万円

限定モデルですので入手は困難かもしれませんが、オメガファンにとっては物欲を大いに刺激される新モデルではないでしょうか。

あわせて読みたい

関連記事

オメガ、スピードマスターコレクションに38mmケースの新ラインナップを追加

オメガは「バーゼルワールド 2017」において、同社のフラッグシップコレクションである「スピードマスター」コレクションに、38mmサイズのケースを採用した新たなラインナップを追加。

オメガ、オールセラミック製の外装を採用した本格ダイバーズウォッチ「シーマスター プラネットオーシャン ディープ ブラック」を発表

オメガはオールブラックセラミック外装を採用し、600mの防水性能と15,000ガウス以上の磁気に耐える超耐磁性能を合わせ持つ本格ダイバーズウォッチ「シーマスター プラネットオーシャン ディープ ブラック」コレクションを発表。

オメガからオリンピック オフィシャルタイムキーパーを記念したコレクション「オリンピック オフィシャルタイムキーパー コーアクシャル クロノグラフ」

オメガは長年にわたるオリンピック オフィシャルタイムキーパーの歴史を記念した限定クロノグラフ コレクション「オリンピック オフィシャルタイムキーパー コーアクシャル クロノグラフ」を発表。ゴールドケース3モデル、限定188本。

オメガ コンステレーション グローブマスター アニュアルカレンダー

オメガが「コンステレーション グローブマスター アニュアルカレンダー」を発表。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. オメガ
  3. オメガからスピードマスター、シーマスター 300、レイルマスターの60周年を記念した限定モデル「1957 トリロジー リミテッド エディション」 3モデルが登場