Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

ハミルトン、1960年代のハミルトン クロノマチックをインスパイアした「イントラ・マチック 68 クロノグラフ」を発表

ハミルトン イントラ・マチック 68 クロノグラフ(Hamilton Intra-Matic 68 Chronograph)

ハミルトン(Hamilton)から、なかなか興味深いモデルが発表されました。「バーゼルワールド(Baselworld)2017」にて発表されたのは、「イントラ・マチック 68 クロノグラフ(Hamilton Intra-Matic 68 Chronograph)Ref.H38716731」。

ハミルトンは1874年創業の歴史のあるウォッチメーカーですが、1960年代の後半に大きな変化を経験しています。

1966年、マイクロ・ローター式自動巻き機構の特許を持っていたスイスの時計会社、ビューレン(Buren Watch Company)社を買収し、社名をハミルトン・ビューレン(Hamilton-Buren)に変更すると、1969年には創業以来の拠点だったアメリカを離れ、スイスのビエンヌに拠点を移転します。

そして同年、タグ・ホイヤー(当時は「ホイヤー=レオニダス(Heuer-Leonidas)」社、ブライトリング(Breitling)社、デュボア・デプラ(Dubois et Depraz)社と共同で世界初の腕時計用自動巻きクロノグラフキャリバー「キャリバー11(Cal.11)」開発し、同年発表の「ハミルトン クロノマチック(Hamilton Chronomatic)」に搭載しました。

余談ながら、この世界初の自動巻きクロノグラフという点に関しては、「Cal.11」がベースの自動巻きムーブメントにモジュラー構造のクロノグラフをあと載せした、所謂2階建てムーブメントだったことから、同年に発表されたゼニス(Zenith)社の名機 El Primero、もしくはセイコー(Seiko)が発表した「Cal.6139」の方が世界初なんじゃないかという議論はあるんですけどね。

さて、話を戻します。

で、今回発表された新作クロノグラフ「イントラ・マチック 68 クロノグラフ Ref.H38716731」は、上記、1969年発表の「ハミルトン クロノマチック」からインスピレーションを得て復刻されたもの。

オリジナルの「ハミルトン クロノマチック」は、本体の左側(9時位置)にリューズがあり、右側(2時/4時位置)にクロノグラフ操作用プッシュボタンが並ぶという少し変わったレイアウトが特徴だったのですが、そこは通常のリューズ、プッシャーが右側に並ぶレイアウトに変更されています。

ケース素材はステンレススティール。ケースサイズは42mm。防水性能は10気圧防水です。

特徴的な文字盤デザインは、1969年当時、「Chronomatic A」「Chronomatic B」として2種類のパンダダイアルが発表されていたうちの逆パンダ(黒ダイアルに白のサブダイアル)ダイアルバージョンをベースとして復刻されています。

搭載されるムーブメントは、ETA社の「Cal.7753」をベースに開発されたハミルトン社製「Cal.H-31」(27石、28,800振動/時)。パワーリザーブは約60時間。3時位置に30分積算計、6時位置にデイト表示、9時位置にスモールセコンドを搭載。

世界限定1,968本で発売され、予定販売価格は1,995ユーロということで、日本円にするとおよそ24万円です。

あわせて読みたい

関連記事

思い出の腕時計 「ハミルトン カーキ GMT エア・レース Ref.H77665973」

私が初めて購入した機械式腕時計であり、その後、腕時計趣味にハマるきっかけになった思い出の腕時計「ハミルトン カーキ GMT エア・レース」について。

ハミルトンから回転式両面ダイアルを採用した「Jazzmaster Face 2 Face Ⅱ」が登場

ハミルトンから発表された「ジャズマスター フェイス2フェイスⅡ」は、両面にダイアルを持ち、回転させることで2つのフェイスを楽しむことができる限定モデル。

ハミルトン カーキ フィールド コレクションにオールブラックの新作がラインナップ

ハミルトンのカーキ フィールド コレクションは、1940年代に製作されたハミルトンのミリタリーウォッチをルーツに持つ人気コレクション。このカーキ フィールドに、オールブラックの精悍なデザインを纏った新作3モデルがラインナップ。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. ハミルトン
  3. ハミルトン、1960年代のハミルトン クロノマチックをインスパイアした「イントラ・マチック 68 クロノグラフ」を発表