Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

ブライトリング、CVC キャピタル・パートナーズに約990億円で株式の80%を売却

去年末ですが、高級腕時計ブランドのひとつであるブライトリング(Breitling)社に、身売り、会社売却の噂があることをブルームバーグが報じ、ここでも記事にしました。

ここにきて噂通り、ブライトリングがその株式の80%を、欧州の投資ファンドである、「CVC キャピタル・パートナーズ(CVC Capital Partners)」に8億ユーロ(日本円で約990億円)で売却することを報じています。

CVC キャピタル・パートナーズは、主に小売業や製造業、サービス業に関連する企業への投資で知られる投資ファンド(プライベート・エクイティ・ファンド)で、短期間で利益確定して売り払うような所謂ヘッジファンドではなく、長期的な資本注入によって投資先企業の事業再編を図ることでリターンを得る投資方針が有名。

同社はF1界のボス、バーニー・エクレストン氏が創業し、F1の運営会社として知られる旧「フォーミュラ・ワン・マネジメント(Formula One Management)」、現在の「フォーミュラワン・グループ(Formula One Group)」の大株主として知られていましたので(現在は株式を売却してF1からは離れています)、モータースポーツが好きな方には聞いたことのある会社かもしれません。

今回の買収は、競争当局の承認を経て、今年の6月までには完了する予定のとこので、ブライトリング現社長のセオドア・シュナイダー(Theodore Schneider)氏は、残り20%の株式を所有するために再投資するとのこと。

今回の投資により、ブライトリングが現在の苦しい状況を無事切り抜けることができるのか、腕時計愛好家としては、今後どのような戦略で新モデルの展開や既存モデルのラインナップ拡充などを行ってくるのか、気になります。

あわせて読みたい

関連記事

貴重なアンティークウォッチを集めた日本初の本格的な時計博物館「ウオッチミュージアム・ヴォガ」が島根県にオープン

2017年4月29日、世界的に知られる有名ブランドにおいて、1920~70年代に作られたアンティークウォッチを集めた日本初の本格的な時計博物館「ウオッチミュージアム・ヴォガ」が島根県江津市にオープン。収蔵されるコレクションをまとめた書籍も発売予定。

ハミルトン、1960年代のハミルトン クロノマチックをインスパイアした「イントラ・マチック 68 クロノグラフ」を発表

ハミルトンは1969年発表の自動巻きクロノグラフ「ハミルトン クロノマチック」からインスピレーションを得た新作クロノグラフ「イントラ・マティック 68 クロノグラフ」を発表。

グランドセイコーに初の飽和潜水用メカニカルダイバーズウオッチ「メカニカルハイビート36000 プロフェッショナルダイバーズ 600m」が登場

セイコーは「グランドセイコー」コレクションでは初の本格的なプロフェッショナルダイバーズウォッチ「グランドセイコー メカニカルハイビート36000 プロフェッショナルダイバーズ 600m」を発表。

セイコー、グランドセイコーの初代モデルを現在の技術で復刻した「初代グランドセイコー リミテッドコレクション 2017」を発表

セイコー(Seiko)は、1960年に誕生した初代グランドセイコーを、現在のセイコーが持てる最高の技術と進化したデザインでよみがえらせた「初代グランドセイコー リミテッドコレクション 2017」を発表。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. ニュース
  3. ブライトリング、CVC キャピタル・パートナーズに約990億円で株式の80%を売却