Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

貴重なアンティークウォッチを集めた日本初の本格的な時計博物館「ウオッチミュージアム・ヴォガ」が島根県にオープン

ウオッチミュージアム・ヴォガ

写真は「いよいよ今週土曜日(4/29)オープン - WatchMediaOnlin」から引用 - Photo by WatchMediaOnlin

世界的に知られる有名ブランドにおいて、1920~70年代に作られたアンティークウォッチを集めた日本初の本格的な時計博物館「ウオッチミュージアム・ヴォガ」。2017年4月29日、島根県江津市にオープンしたこのミュージアムは時計の卸および企画・販売を行う「有限会社ヴォガ」の代表を務める益井俊雄氏が、ご自身のバイヤー生活30年間に収集した貴重なコレクション、800本以上を展示する私設博物館です。

ミュージアムがある島根県江津市は益井氏の故郷とのことで、近郊には、「美人・美肌の湯」として有名な情緒あふれる「有福温泉」をはじめ、「石見銀山」「水族館アクアス」などの観光スポットも多数。ミュージアムにはカフェも併設されているので、島根方面への旅の途中にふらっと寄ってみるのも面白そうなミュージアムとなっている模様。

本ミュージアムの詳しい紹介は、先月発売された「Low BEAT(ロービート)」の11号に掲載されています。

また、「Watch Media Online」さんでも「Low BEAT(ロービート)」の記事を基に詳しく紹介されていますので、興味のある方は誌面、もしくはリンク先をご覧いただくとよいと思います。

収蔵コレクションをまとめた書籍も発売予定

あわせて、本ミュージアムに展示されている貴重なアンティークコレクション、約800本をすべて撮影し、アンティークウオッチ専門誌「ロービート」の編集部が編纂して1冊にまとめた写真集「ウオッチミュージアム ヴォガ アンティークコレクション」も発売予定。

ミュージアムに展示されるコレクションを写真と詳しいコメント付きで見ることができる書籍になっていますので、アンティークウォッチ愛好家には最高の資料になると思います。

あわせて読みたい

関連記事

Bucherer(ブヘラ)がブルーダイアルとベゼルを搭載した「ヘリテージ ブラックベイ ブロンズ ブルーエディション」を発売

ヨーロッパ最大の腕時計・ジュエリー小売チェーン・時計ブランド「ブヘラ(Bucherer)」は、「チュードル ヘリテージ ブラックベイ ブロンズ」をベースにブルーダイアルとベゼルを搭載したブルーエディションを発売。

ブライトリング、CVC キャピタル・パートナーズに約990億円で株式の80%を売却

ブライトリングはその株式の80%を、欧州の投資ファンドである、「CVC キャピタル・パートナーズ」に8億ユーロ(日本円で約990億円)で売却するとのこと。買収は今年6月までに完了する予定。

ハミルトン、1960年代のハミルトン クロノマチックをインスパイアした「イントラ・マチック 68 クロノグラフ」を発表

ハミルトンは1969年発表の自動巻きクロノグラフ「ハミルトン クロノマチック」からインスピレーションを得た新作クロノグラフ「イントラ・マティック 68 クロノグラフ」を発表。

グランドセイコーに初の飽和潜水用メカニカルダイバーズウオッチ「メカニカルハイビート36000 プロフェッショナルダイバーズ 600m」が登場

セイコーは「グランドセイコー」コレクションでは初の本格的なプロフェッショナルダイバーズウォッチ「グランドセイコー メカニカルハイビート36000 プロフェッショナルダイバーズ 600m」を発表。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. ニュース
  3. 貴重なアンティークウォッチを集めた日本初の本格的な時計博物館「ウオッチミュージアム・ヴォガ」が島根県にオープン