Frequency Feeling... - 機械式腕時計のファンブログ

たまにはクォーツ - セイコー プロスペックス Lowercase プロデュースモデル Beams 別注 「SBDJ031」

SBDJ031-04.jpg

面白いモデルならたまにはクォーツ式腕時計も取り上げてみようというこのシリーズ。今回は、セイコー(Seiko)の「プロスペックス フィールドマスター(Prospex Fieldmaster)」を、Lowercase クリエイティブディレクター 梶原由景氏の監修によって、タウンユース向けにアレンジした、Beamsの別注モデル「SBDJ031」(限定300本)を購入したので紹介してみます。

セイコー伝統の外胴プロテクター付きダイバーズウォッチ(所謂ツナ缶と呼ばれるやつですね)のデザインを踏襲したデザインに、ビンテージ感が漂うデザインを融合したタフなフィールドウォッチ。

SBDJ031-01.jpg

Beamsの別注モデルなので、外箱にはブランドロゴが。

SBDJ031-02.jpg

メタリカルな外装デザインに、アクセントとしてオレンジ色の秒針が特徴的です。

SBDJ031-03.jpg

ストラップはカーフのNATOストラップが付属。カラーはブラックで、外装のカラーと相まって精悍なイメージになっています。

SBDJ031-06.jpg

ケースサイドは上記のような感じ。無骨なデザインになっています。ちなみに防水性能は20気圧防水。

SBDJ031-07.jpg

手に持ったときのサイズ感はこんな感じ。ケースサイズは44.5mm、厚さは12.04mmですので、存在感のある感じ。カジュアルな服装にはマッチしそうです。

SBDJ031-05.jpg

Lowercase プロデュースモデルは、今回私が入手した「SBDJ031」以外にも7モデル、全8モデルのラインナップになっています(その内、限定モデルが5モデル)。興味のある方は下記に特設サイトがありますので、確認してみてください。

あわせて読みたい

関連記事

たまにはクォーツ - ティソ ヘリテージ バナナ センテナリー エディション(日本限定モデル)

面白いモデルならたまにはクォーツ式腕時計も取り上げてみようというこのシリーズ。ティソが1916年に発表した伝説の腕時計「バナナウォッチ」の100周年を記念して復刻、日本のみ限定500本で発売された「ティソ ヘリテージ バナナ センテナリー 日本限定エディション」を紹介。

ブルーエナメルダイアルの美しさに惹かれて - Lundis Bleus 「1100-EU」

リーズナブルながら完成度の高い腕時計を送り出すスイスの新興ブランド、Lundis Bleus(ランディ・ブルー)。その際新モデルとして、ブルーのエナメルダイアルが非常に美しい「1100-EU」をスイスにオーダーしてみました。

セイコー プロスペックス 「SRPA71」 をビンテージ加工されたモフラージュ柄レザーストラップで精悍な印象に

方位磁石が機能しない状況でも方角の確認が可能な簡易方位計つきインナーベゼルを搭載した海外向けモデル、セイコー プロスペックス「SRPA71」にモフラージュ柄レザーストラップを組み合わせてより精悍な印象にカスタマイズ。

オープンハートが特徴のセイコー 5スポーツ 「SSA327K1」 をヒルシュの300m耐水ストラップで夏に向けてカスタマイズ

オープンハートが特徴のセイコー 5スポーツ 「SSA327K1」 に、ヒルシュの300m耐水ストラップ「ロビー」を組み合わせ。これからの季節にぴったりの、夏らしい1本にカスタマイズ。

いいね!で最新情報を取得

この記事が気に入ったらいいね!してください。

Facebook で最新の記事をお届けします。

人気の記事
  1. Frequency Feeling...
  2. ハンズオン
  3. たまにはクォーツ - セイコー プロスペックス Lowercase プロデュースモデル Beams 別注 「SBDJ031」